TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > PYP探究ユニット「将来の夢」

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201902  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

PYP探究ユニット「将来の夢」

2019.01.22 16:26 | 国際バカロレア

PYP探究ユニット「将来の夢」が始まった青組(年長)さん。

(PYPについてはこちらをご覧ください)

 このユニットは「私たちは自分たちをどう組織しているのか」という

教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。

6週間かけて探究していくなかで

「それぞれが役割をもって生きている」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思っています。

(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、

中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 

この探究ユニットでは

①それぞれの仕事がもっている役割

②仕事と私たちの生活とのつながり、仕事と仕事とのつながり

③自分が果たしたい役割

を、子どもたちとともに探究していきます。

 

「みんなの周りにはほかにどんなお仕事があるかな?」と問いかけてみると

お医者さん、薬屋さん、警察官・・・など色々な仕事があがり

今日は、大学キャンパス内へ「お仕事見学」に出かけました。

 

キャンパスの中にあるレストラン(学食)では

大きなお玉やフライパン、ボウルなどを見せていただきました。

「料理を作る仕事」は調理師さん、

「メニューを考える仕事」は管理栄養士さん

そして、野菜や果物、お肉、お魚などの材料は

八百屋さんやお肉屋さん、お魚屋さんに注文して届けてもらっていることも知り

仕事にはそれぞれ役割があり、

仕事と仕事がつながっているということを感じられたようです。

 

本・文房具屋さんでは

「1日にどれくらいお客さんがきますか?」

「売るものはどうやって決めているんですか?」という質問に

「1日に500人くらいお客様が来ます」

「大学の学生さんや先生たちが欲しいなと思うものを売るようにしています」

と答えていただきました。

 

FM放送局では

ニュースや天気予報などを番組の中で

決められた時間内に伝える「パーソナリティー」、

パーソナリティーに話してもらいたい情報や

番組の残り時間などを伝える「ディレクター」、

ラジオでコマーシャルを流したいと思っている会社を探す「営業」

などのお仕事があることを教えていただきました。

スタジオの中も案内していただき

番組を放送しているときに外の音が聞こえないように

「防音」の壁になっているというお話も聞き、

興味深そうに見回していた子どもたち。

なんと、生放送中に見学に来たことの紹介もしていただき、大喜びでした。

 

ほかにも、郵便屋さん、宅配のお仕事の方、お掃除をしている方など

色々なお仕事をしている方々に出会った子どもたち。

世の中には色々な仕事があることを知ったり、

社会は色々な人や仕事のつながりの中で成り立っていることを

感じたりすることができたようです。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array