TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > PYP探究ユニット「ぼくたちわたしたちの住む日本」

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201902  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

PYP探究ユニット「ぼくたちわたしたちの住む日本」

2019.01.21 16:04 | 国際バカロレア

赤組(年少)さんのPYP探究ユニット

「ぼくたちわたしたちの住む日本」が始まりました。

(PYPについてはこちらをご覧ください)

 

このユニットは「私たちはどのような場所と時代にいるのか」という

教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつです。

6週間かけて探究していくなかで

「日本には、昔から伝わる大事なものがある」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思っています。

(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、

中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 

①昔から伝わる日本のもの(行事や遊び)

②日本の昔話

③日本の昔と今

を、子どもたちとともにしていきます。

 

今日は山梨県立博物館の方が来園。

「出前授業」をしてくださいました。

スカイホールに集まった赤組(年少)さんの前に

「昔の時代からタイムスリップしてきた武士と町人」が登場。

鎧や着物を身に着けた姿に子どもたちは釘付けでした。

 

そして、わらじや洗濯板、背負子、天秤棒、

刀、鉄砲などたくさんの「昔の道具」を見せていただいたり

昔の道具の使い方や良いところを教えていただいたりしました。

 

「洋服じゃなくて着物を着てるね」

「くつが今と違う!」

と、昔と今の違いに気づいた様子の子どもたち。

 

実際に触らせていただくと

「本物だ!」「すごい!」と目を輝かせていました。

 

今日は色々な「昔の道具」に触れることができた子どもたち。

これから遊びやお話などを通じて「日本の昔」に親しむなかで

現代の生活との違いを見つけながら、

日本に昔から伝わる大事なものへの興味を

広げていきたいと思います。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array