TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > 青組PYP探究ユニット「ダイナミックワールド」

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201811  
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

青組PYP探究ユニット「ダイナミックワールド」

2018.10.24 15:49 | 国際バカロレア

青組(年長)さんのPYP探究ユニット「ダイナミックワールド」が始まりました。

(PYPについてはこちらをご覧ください)

 

10月中旬から11月中旬にかけて行う保育を、

本園では「秋のダイナミックワールド」と呼び

自由遊びの時間だけでなく、クラス活動の時間もおおいに使いながら

普段より一層じっくりと、子どもたちと共に遊びを深めていっています。

 

この「秋のダイナミックワールド」は、

青組(年長)ではPYPの「この地球を共有するということ」という

教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつでもあります。

5週間かけて探究していくなかで

「さまざまな方法によって、コミュニティー内の問題は解決する」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思っています。

(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、

中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 

①よい人間関係の特徴

②コミュニティー内の問題解決

③よい人間関係をつくるための個人の責任

これらのことを、子どもたちとともに探究していきます。

 

日々様々な遊びを生み出している青組(年長)さん。

2学期に入り「泥団子づくり」に夢中になっている子どもたちは

運動会のパラバルーンで表現した「ゲル」の中でお団子をつくりたい!と

ゲルをつくりだし、その中でどんな砂を使ったらピカピカのお団子ができるのか

どうやったらキレイなお団子になるのか、研究しています。

 

修園旅行で動物園に行って以来

身近な素材で色々な動物をつくることに夢中になっている子どもたちは

つくった動物を使ったゲームを考え中。

 

こちらはモグラを走らせる「モグラレース」です。

 

1学期の探究ユニットを通じて

色々な国の人やものに触れた経験を思い出しながら

「世界の色々な国に行ける迷路」を考えている子どもたちも。

「ナイアガラの滝をつくって、その上を紙飛行機がとべるようにしたい!」

「どうしたらできるかなぁ」

とアイディアを形にするにはどうしたら良いか

一生懸命考えています。

 

これから遊びを展開していくなかで

困ったことやお友達との意見のぶつかり合いなどもでてくることと思いますが

そうした課題をみんなで乗り越えて

「よりよい人間関係」についての探究を深めながら

遊びをさらに発展させていってほしいと思っています。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array