TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > いろいろな国のお兄さんお姉さん来園

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201809  
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いろいろな国のお兄さんお姉さん来園

2018.06.22 16:46 | 国際バカロレア

PYP探究ユニット「いろいろな国」をすすめている青組(年長)さん。

(このユニットについてはこちらをご覧ください)

5週間かけて探究していくなかで

「世界にはさまざまな国があり、それぞれの人々によって大事にされているものがある」

ということを、実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んでいます。

 

5月に歌っていた「こいのぼり(文部省歌)」の歌詞にでてきた

「いらか(甍)」の実物を山梨県立考古博物館で見たことから、

建物や家に興味を持ったクラス、

iCLAを訪問した際にベルギーのマネケンピスの話を聞いたことがきっかけで

ベルギーへの興味を広げているクラス、

「同じクラスにいる、中国にルーツのあるお友達を喜ばせたい!」と

パンダをつくったりお部屋を中国風に飾りつけたり

中国のことを色々調べているクラス

と、それぞれ探究をすすめている青組(年長)さん。

 

そんな子どもたちのところへ

昨日、今日と、iCLA(国際リベラルアーツ学部)に在籍する留学生が遊びに来てくれました。

来てくれたのは、ベルギー、フィリピン、アメリカ、カナダ、ウズベキスタンからきているお兄さんお姉さん。

一緒に「お家づくり」をしたり、

「ベルギーワッフル」や「ベルギーチョコレート」をつくったり

「中華料理」をごちそうしたり・・・・

 

子どもたちが今夢中になっている遊びで一緒に遊んでもらったあとは、

みんなでスカイホールへ。

お兄さんお姉さんたちの国のことを教えてもらいました。

「お兄さんお姉さんたちの国で大事にされていることはなんですか?」と聞いてみると

ベルギーのお兄さんは、

マネケンピスにまつわる話がいくつかあることを紹介しながら

どのお話にも「未来があり希望の星である子ども」がでてきて、

「子ども」を大事にしていることを教えてくれました。

フィリピンのお姉さんは、

食事のときにバナナの葉っぱをお皿にして

そこに乗せた料理をみんなで食べる話を紹介してくれ

「家族で食事を囲むこと」を大事にしていること

アメリカのお姉さんは、

自由の女神の写真を見せてくれて

「アメリカでは、みんなそれぞれ思うように自由に輝くことが大切だと考えられていて

自由の女神はその象徴であること」を教えてくれました

カナダのお姉さんは

カナダは自然がとても豊かな国で、

大自然を大切にしていること

ウズベキスタンのお兄さんたちは

ウズベキスタンでは、土地と土地との境界がないそうで

コミュニティのつながりがとても強く

「家族」と「おもてなし」を大切にしていることを教えてくれました。

 

こうして、お兄さんお姉さんたちの国で「大事にされていること」「大切にしていること」を

たくさん教えてもらった子どもたち。

色々な国への探究をさらに深めることができたようです。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array