TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > PYPユニット身近な生き物

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201806  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PYPユニット身近な生き物

2018.05.18 16:43 | 国際バカロレア

PYP探究ユニット「身近な生き物」が始まった黄組(年中)さん。

(PYPについてはこちらをご覧ください)

 このユニットは「世界はどのような仕組みになっているのか」という

教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。

8週間かけて探究していくなかで

「私たちの周りにはいろいろな生き物が住んでいる」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思っています。

(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、

中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 

この探究ユニットでは

①身の回りの生き物

②生き物の成長・生長

③生き物たちが好む環境

を、子どもたちとともに探究していきます。

 

今日は大学キャンパスまでお散歩に行きました。

アルテア子どもファームの前を通ると

3月に植えたジャガイモが、生長して白や紫色の花を咲かせていて

「大きくなってる!」「花が咲いてる!」とみんな嬉しそう。

土手では、白やオレンジ色のチョウチョ、

川の中を泳いでいる鯉などを見つけました。

 

キャンパスに到着すると木陰で生き物探し。

 

ダンゴムシやワラジムシ、アリなどを見つけては

追いかけたり捕まえたり観察したりしていました。

 

センダンの木にはきれいな花が咲いているのを発見しました。

この木はやがて実をつけることを話すと

「この木も生きてるんだね!!」と子どもたち。

自分たちの周りには「命のあるもの」がたくさんあることを

実感できたようでした。

 

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array