TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > PYP探究ユニット「人との関わり」

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201812  
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

PYP探究ユニット「人との関わり」

2018.03.12 16:35 | 国際バカロレア

PYP探究ユニット「人との関わり」をすすめている黄組(年中)さん。

(PYPについてはこちらをご覧ください)

 このユニットは「私たちは誰なのか」という

教科の枠をこえたテーマのもと行う探究活動のひとつ。

「私たちの幸せは人と人との関係に影響されている」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思っています。

(PYPでは、こうした探究の末子どもたちに実感を伴って理解してほしい概念を、

中心的アイディア(Central idea)と呼びます。)

 

この探究ユニットでは

①人間関係が私たちに与える影響

(友達にしてもらって嬉しかったこと。友達にして喜ばれたこと)

②よりよい人間関係をつくるための私たちの行動

(自分がなりたいと思う青組の姿)

を、子どもたちとともに探究していきます。

 

周りの人にしてもらって嬉しかったことや

周りの人にして喜ばれたことについて考えてきた子どもたち。

「一緒に遊んでくれた」「泣いているときに『大丈夫?』って言ってくれた」

「落し物を届けてくれた」「順番を譲ってくれた」

など、日常生活の中には

「してもらって嬉しかったこと」がたくさんあることに気づいた様子の子どもたち。

「『お友達にしてもらってうれしかったこと』を、たくさん集めよう!」

と、「誰かにしてもらって嬉しかったこと」があったときには

「ありがとうのカード」に書いて、してくれた子のポケットに入れています。

 

友達同士でトラブルが起きてしまったときには

「許してあげて」「自分がされたらどう思うかな?」など

子どもたちが間に入って、自分たちで解決しようとする姿も多く見られるようになりました。

 

そして、4月の進級を前に、

これまで近くで見てきた青組(年長)さんの素敵な姿を思い起こしながら

自分はどんな青組(年長)になりたいかも考えてきた子どもたち。

今までお世話になった青組(年長)さんに

感謝の気持ちを伝える会をプレゼントしよう、と「青組を送る会」の企画もしています。

どんな会にするかアイディアを出し合ったり、プレゼントをつくったり・・・

とてもはりきっています。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array