TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > お仕事見学

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201805  
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お仕事見学

2018.01.30 16:22 | 国際バカロレア

PYP探究ユニット「将来の夢」を進めている青組(年長)さん。

(このユニットについてはこちらをご覧ください)

 6週間かけて探究していくなかで

「それぞれが役割をもって生きている」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思って取り組んでいます。

 

先日のマーケットゲームで6種類の仕事に触れた子どもたち。

「みんなの周りにはほかにどんなお仕事があるかな?」と問いかけてみると

お医者さん、薬屋さん、警察官・・・など色々な仕事があがり

今日は、大学キャンパス内へ「お仕事見学」に出かけました。

 

キャンパスの中にあるレストラン(学食)では

大きなしゃもじやフライパン、なべを見せていただいたり、

「料理を作る仕事」や「お皿を洗う仕事」のほかに

「メニューを考える仕事」をしていることを聞いて

「そんな仕事もあるんだ!」と驚いたり・・・

「どうしてこのお仕事をしているんですか?」

「どんな気持ちでごはんを作っていますか?」といった質問も出て

「料理を作るのが好きだからです」

「お客様に喜んで食べてもらえるといいな、と思って作っています」

と答えていただきました。

 

本・文房具屋さんでも

「どうしてこのお仕事をしているんですか?」

「色々なものを売っているのはどうしてですか?」など

ここでもたくさんの質問が・・・

「本が好きだからいろんな人に本を読んでほしいと思ってこの仕事をしています」

という答えを聞くと、

「さっき(食堂で質問に答えていただいた方)と同じだ!」

「好きなことがお仕事なんだ!!」と嬉しそうでした。

 

マーケットゲームでもお仕事とお仕事のつながりを感じた子どもたちからは

「ここのお仕事とつながっているお仕事は何ですか?」という質問も出て

お店で売っているお菓子や本などは

それぞれつくっている工場や会社があるので

そういうお仕事ともつながっていることも教えていただきました。

 

FM放送局では

「地域の人に情報を伝える」仕事をしていることを知り

「どうして、マイクに向かって話した言葉が色々なところに届くの!?」と

不思議そうにしていた子どもたち。

ビルのてっぺんに設置しているアンテナから、

電波を通じて声を届けていると教えていただき

その仕組みに興味津々なようでした。

 

こうして、子どもたちは、世の中には色々な仕事があることを知ったり、

その仕事をしている方に実際に話を聞かせていただいたりしたことで

社会は色々な人や仕事のつながりの中で成り立っていることを

感じることができたようです。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array