TOP > 山梨学院幼稚園 > ようちえん日記「子どもがかがやく」 > ドングリを使って

プロフィール
子どもが自らのびのびと遊びを創り出していく「自由遊び」、一流・本物に触れることを大切にした「クラス活動」、それらを相互作用させながら、「子どもがかがやく」幼児教育を目指しています。
ブログ・テーマ
山梨学院幼稚園の日々の生活と遊びの様子をお伝えしていきます。

RSSを表示する

カレンダー

« 201712  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ドングリを使って

2017.11.09 16:02 | 国際バカロレア

PYP探究ユニット「秋・冬の自然」をすすめている赤組(年少)さん。

(このユニットについてはこちらをご覧ください)

10月から12月にかけて8週間探究していくなかで

「季節の移り変わりは、私たちの生活に影響する」ということを、

実感を伴って理解していってほしいと思っています。

 

先日の木の実拾いで見つけてきたたくさんのドングリや

落ち葉、木の実などを使って、色々な遊びを生み出している子どもたち。

 

こちらは、ドングリをプラスチック容器に入れて

ジュースやさんごっこ。

 

丸い形のドングリはコーヒー、細長い形のドングリはミルクティー・・・と

ドングリの形によって味を変えていて

「いらっしゃいませ」「○○ください」というやりとりも楽しんでいるようです。

 

こちらは、ドングリやほかの木の実と、

ストロー、モールなど身近な素材を組み合わせてクッキーづくり。

クレヨンで色をつけた粘土も混ぜながら

カラフルで美味しそうなクッキーがたくさん出来上がっています。

 

薬屋さんごっこをしている子どもたちも。

ドングリの殻を剥いて、殻の部分をすり棒で細かくつぶして粉薬や

殻や剥いた実の部分と水をプラスチック容器に入れて液体の薬をつくり

ドングリを入れた水は、時間の経過とともに色が濃く変化していくことも発見しました。

 

ほかにも、ドングリこまやドングリピザ、ドングリ転がし装置など

ドングリを取り入れた遊びがいっぱいです。

 

「秋のもの探し」にも夢中な子どもたち。

園庭で色づいた葉っぱを見つけたり

 

柿やさつまいも、大根など

おうちから色々持ってきて紹介してくれたりして

 

こんなにたくさんの「秋のもの」が集まりました!!

 

子どもたちには、こうして「秋」を身近に感じながら

この時季ならではの遊びをたくさん楽しんでいってほしいと思っています。

 

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array