TOP > コミュニティ(学外開放サイト) > 武笠さんの夜間飛行(ラジオ番組)

コミュニティ(学外開放サイト)

武笠さんの夜間飛行(ラジオ番組)

プロフィール
ラジオ番組「武笠さんの!(昼なのに)夜間飛行」のブログです。
FM甲府(76.3Mhz)
『CRYSTAL STATION』内のコーナー
毎週水曜日14:10(くらい)から14:30(くらい)
まで絶賛放送中!

*番組は2015年3月で終了しました。

(ブログ作成者)
山梨学院PB(パブリシティ)センター
web情報課 課長
武笠 和幸
E-mail: k-mukasa@ytos.ygu.ac.jp
ブログ・テーマ
コンセプトは「遊び心と好奇心」 普段の生活の中で何気なく見聞きする(心に映りいくよしなしごと)を、(そこはかとなく)こだわってみたお話と、ジャズを中心にしたお気に入りの曲紹介をしています。 「夜間飛行」のタイトルの由来は、大好きな作家、サン・テグジュペリの「星の王子様」と並ぶ代表作にちなんで。 彼にはとても敵わないけれど、大好きな星空の元、夜の空中散歩を楽しみたいと思っています。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201707  
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

トラックバック


陽だまりの人を思う

2014.09.22 18:44 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

9月20日土曜日、今年も恩師の墓参り&クラス会が開催された。
恩師の葬儀をきっかけにして、一昨年、実に成人式以来25年ぶりに復活してから、今年で3回目。すっかり恒例になった感がある。
クラス会と言っても小学校、それも4年生時のクラス会というのは珍しいのではないだろうか?
まして小学3・4年時の担任の墓参りを兼ねてというのも。
たった2年の時を共有しただけの子どもたちが、三十数年の後も掛け替えのない仲間とし...

[ more... ]

お願い

2013.10.08 00:48 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

この数ヶ月の間、施設より病院に移り入院していた私の東京の祖母が、昨日(7日)の夕刻、他界しました。
写真は昨年の夏に、母と3人で一緒に撮ったものです。

ここのところ意識朦朧とした状態が続いていたようですが、2週間前に私が見舞った際は奇跡的に意識も言葉もはっきりしていました。
結果としてそれが、私が祖母に会った最後となり、祖母の人生にとっても、私が最後の話した相手になってしまいました。

葬儀はこの週末に、実...

[ more... ]

虹の彼方のあの人へ

2013.09.17 16:38 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

駆け抜けた台風が、まだ僅かにしがみついていた夏の残照を、すっかり吹き飛ばしたようです。
蝉は鳴き声と共にその姿を消し、山肌の木々は少しだけ色付き始めました。
強風で落ちたのでしょうか、椎の木の根元にはまだ青いドングリ、そして銀杏の根元にはギンナンが。
空はあくまでも高く青く、雲は薄く軽やかです。

ふと見上げると、頭上には彩雲。
そして西の空、太陽と...

[ more... ]

祖父のリトグラフ

2013.03.05 02:25 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

正月に帰郷した折、亡くなった祖父の形見分けを受けた。
亡くなった・・・と言っても、もう26年も前の話しだ。
随分と時間が経っているのは、入院した祖母の身の回りを片付けた過程で荷物部屋から見つけ出されたから。
文字通り(発掘)に近い形で、再び日の目を見た物たちだ。

僕が譲り受けたのは、愛用の懐中時計、ベネチアグラス、名刺入れ、そしてそれぞれ額装され丁寧に箱に納められた何枚かの絵画。

祖父が絵画を集めていたとは...

[ more... ]

懐かしい文字

2012.12.31 01:32 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

遅ればせながら年賀状の宛名書きに奮闘中。
でも今年来たものの束から、大好きだった懐かしい筆跡を見つけ、
あ〜これを書いた人はもうこの世にいないんだな…と思ったら、また悲しくなって、少し涙が出た。

まるで自分が喪中のようで、今年の年賀状作りは、なかなか気乗りしない。

『陽だまりの天才、の下で育った仲間たちへ』

2012.12.17 17:54 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

(事務連絡・幹事より御礼)

『陽だまりの天才、の下で育った仲間たちへ』

まず、みんなにお礼を言いたい。

尚敏・大作が汗を掻き名簿を整備してくれたおかげで、先生の入院中から通夜・葬式、そして今回と皆に連絡を取ることが出来た。
直美・陽子が細々した物の手配をしてくれたおかげで、墓参りも滞りなく済ますことが出来た。
直美が遠方にいて実情の把握できない幹事に代わり動いてくれたおかげで、素敵な会場で盛り上がることが出...

[ more... ]

俊朗先生への弔辞・・・最後の宿題

2012.09.24 18:51 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

全ての教え子を代表して僕が弔辞を読む事を、先生は「最後の宿題」だと言いました。
言う方はいいが、言われた方は、それは困った!
僕は文章を書くことも人前で話すことも正直苦手ではないが、どんな言葉を尽くしても足りない気がして今までで最も悩み、そのくせテンションばかり上がってしまって書いてる時から泣いてばかり。
本番ではもっとグダグダになってしまって、今までで最もひどいスピーチになってしまいました。

涙でぐちゃ...

[ more... ]

追悼・・・俊朗先生

2012.09.24 18:48 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

僕にとってかけがえのない大切な人が、この世を去りました。

吉橋(旧姓・佐々木)俊朗先生。

10万人に一人という非常に珍しく発見しにくい小腸がんに侵され、発見された時には既にステージⅣの末期。
一端は余命2カ月と診断されながらもあの大震災の前日に切除手術が成功し、奇跡の復活。
教職こそ志半ばで引退したものの、その後は闘病生活を続けながら家族との時間を大切に過ごされてきました。
しかし、情け容赦のない病魔は再び...

[ more... ]

故郷の寿司屋にて

2011.07.29 18:25 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

7月26日、火曜日。

法要から帰って一眠りした後(暑かったし、沢山飲んだしね)、父母と姪っ子(妹の子)と4人で、夕食は昔馴染みの近所の寿司屋に出かけた。

この寿司屋は、随分と思い出深い場所だ。
二階の座敷では、よく今回のような祭事の後の食事会がされた。
父方の祖父が晩年入院してもう食事もままならなくなった時、中学生だった僕は小遣いを握り締めてこの店に来て、好物の大トロの握りを箱に詰めてもらった。
少ししか食...

[ more... ]

一周忌法要にて

2011.07.29 17:08 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

7月26日、火曜日。
有休をもらい、前夜から帰京。
昨年夏に亡くなった叔父の一周忌法要に出席するためだ。

営まれたのは、母方の先祖代々の菩提寺である龍光寺。
(写真を撮ったつもりで・・・保存し忘れたらしい)
小さい頃から慣れ親しんだお寺だ。
ここには父方の祖父母の墓もあり、大正時代の水害で亡くなった母方の先祖たちの慰霊塔もある。
幾度と無く来ている場所だが、近年大規模な改修や増築がなされていて、子どもの頃の記憶...

[ more... ]

スダジイの実

2010.11.09 19:21 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

ユラユラ風が吹くたびに
サラサラとケヤキの枯葉が舞い落ちる

赤や黄や
暖色に染まった葉が次々と落ちる様子は
まるで温かい雪が降っているようだ

柔らかい彩に誘われて
煙草をふかしながら
枯葉の行方を目で追ってみる

ふと一枚の葉が
僕の黒い革靴のつま先に落ちた

それで初めて細長く可愛らしいドングリの存在に気付く

枯葉ばかり見ていて気に留めなかったが
足元にはスダジイの実がたくさん
それこそ一面に落ちている
自分のいたその場所は
ス...

[ more... ]

ジュウジュの死

2010.09.17 14:00 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

正月は事情があって東京の実家に帰省出来なかったが、今夏は三度も帰ることになった。
母の弟、つまり僕の叔父が亡くなったからだ。
まだ62歳になったばかり。あまりにも早すぎる死だった。

母のすぐ下の弟で、大変な綺麗好きで、大の風呂好き。
何だか遊びに行くたびに、いつも風呂上りだったような印象がある。

少し短気で喧嘩っ早いところもあったが、動物、特に鳩を愛していた優しい人。
何より、人の悪口は決して言わなかった。

若...

[ more... ]

斉藤さんへ

2010.07.23 19:30 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

斉藤さん。
武笠です。コメントをありがとう。
http://blog.ygu.ac.jp/seminar/yakanhikou/blog/archive/2010/07/151806181628.html

以前、亡くなったIとの思い出を載せた時にも
http://blog.ygu.ac.jp/seminar/yakanhikou/blog/archive/2009/05/142355004009.html
...

[ more... ]

会話

2010.03.29 02:30 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

もっとそばに近付きたくて
桜の簾(すだれ)をかき分けて中に入る。
(中)と言う表現は大袈裟ではなく
枝垂れた枝とその枝いっぱいの花たちが、まるでドームのように大地を包み込んでいる。
そうこれは、桜でできた春色のドームだ・・・

根元を見ると
自慢したそうに立派で鮮やかな黄色い水仙と
笑っているみたいな蒲公英(たんぽぽ)が
ドームに守られて咲いている。
彼らはこの新参の侵入者を、どんな風に思っているだろう?

蒲公英を踏ま...

[ more... ]

彩織と青空と

2010.03.29 02:00 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

今週ももちろん、お気に入りの桜(彩織の君)に、(逢いに)行った。
しばらく雨が降ったり寒かったりしたからまだ満開ではなく8分咲き。
それでも、枝垂れた枝に抱きつく、ソメヨシノとは明らかに違う純白に近い花弁が、幾重にも重なって織り成すその彩は、本当に美しい。
強く気高く、そして(麗しく)立つその佇まいは、ただ見事の一語だ。


去年はかなり遠慮して、遠くからそっと見つめるだけだったけれど、
今年は、その花に触れも...

[ more... ]

春の予感・・・

2010.03.24 02:30 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

桜もすっかり咲こうとしているこの時期に、今さら予感といった感じでもないんだろうけれど・・・
でもそういうものを感じることってあるんだよね。

先週末に大学のそばの歩道で、綺麗に咲く菫の株を見つけました。
家にある和スミレや匂いスミレ(バイオレット)はまだ小さいけれど、ここはもう満開でした。
春はやっぱり桜もいいが、スミレは自分のオリジナルの家紋に使うくらい特別な花です。

http://blog.ygu.ac...

[ more... ]

夜間飛行・卒業

2010.03.18 15:30 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

最近ブログの更新がない!と、プレッシャーを受けたので・・・^^

15日の月曜日、大学・短大の合同卒業式が無事に終了しました。
華やかな袴に彩られた女子学生と、初々しいスーツ姿の男子学生。
春の穏やかな陽気の中で、友と恩師、そして輝かしい日々を過ごした学び舎との別れを惜しみつつ、万感の思いを込めて各々この日を迎えたのでしょう。

今までどんなに親しい間柄でも、この中には生涯二度と会うこともない友人もいる・・・
...

[ more... ]

雪解けの時

2010.01.17 19:05 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

『雪解けの時』

厚い雲を突き抜け
窓越しに差し込む
一条の光

疲れ果てて うずくまった
君の横顔を
そっと照らす 天使の階(きざはし)

明確な意思を持つかのように
雲をかき消していく風
緑色の空
刻々と姿を変えながら
やがて金色に輝く 待ちかねた太陽

暗く冷たく長い冬を
それでも耐え抜いた
これは 君へのご褒美

さぁ、顔を上げてごらん
この世界を感じてごらん

君の心に降り積もった その悲しみさえも
新しい君が芽吹くための
恵みに変わっ...

[ more... ]

晩秋の空蝉(うつせみ)

2009.10.29 00:10 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

気になって仕方がない物がある。

先週末に見つけたのだが、キャンパス内の大きなケヤキの木の幹に、蝉の抜け殻が一つ。
蝉の抜け殻=空蝉(うつせみ)など別に珍しい物ではないが、季節は10月も末、晩秋である。
しかもこれが、まるで昨日羽化したかのように真新しい。
いくら木陰にあるとはいっても、強い風雨を伴った大型台風が直撃したにも関わらず、こんなに見事に残るものだろうか?

想像してみる。
これが偶然にも奇跡的に原型を...

[ more... ]

千の言葉、一条の想い

2009.08.28 11:24 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「千の言葉、一条の想い」


ただ願っただけ
ただ夢見ただけ

だから千の言葉尽くして
僕はここにいます

例えば

世界の色取り戻す 朝の光の気高さや
七色に染まり輝く 雲々の微笑み
夕焼けを背負って 両手広げる山並みや
夜空瞬く星や月の 賑やかな囁き声・・・

どんな風に  描く?


そっと願っただけ
そっと夢見ただけ

だから千の言葉の欠片
僕はここで紡ぎます

例えば

待ちわびた春の...

[ more... ]

出逢いの意味

2009.07.06 18:45 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

一人の友が新天地を求めて、僕の元を去っていきました。
けれど彼のその旅立ち方は、
共に過ごした時間や注ぎ込んだ情熱、交わした言葉の数や重みから考えると、
それはあまりにも唐突で、少々無責任で、まったくがさつな、
淋しいほどに何とも味気無いものでした。

彼はいつも、(自分)というものの位置付けに苦慮しているように見えました。
自分が何なのか、何のためにここにいるのか、他者との付き合い方はどうしたらいいか、決めあ...

[ more... ]

エメラルドよ、永遠に

2009.06.18 13:30 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

三沢さん

あなたと一緒に撮った写真を、久しぶりに出しました。
しかしまぁ、自分でも呆れてしまうほどの満面の笑顔・・・
どの写真もみんなそうで、恥ずかしくなってしまいます。
自分が培ってきたものや大人のプライドなんて、あなたの前では全く無力。
子どものように・・・何て言葉でも足りないくらい無防備に、ただただはしゃぐ自分がいました。
それにしても写真の中のあなたは本当にかっこいい。
この写真の前後、あの穏やかなしゃ...

[ more... ]

帰れない二人

2009.05.14 23:55 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

5月2日、ロック歌手の忌野清志郎が亡くなった。
56才・・・あまりに早すぎる死だった。

清志郎やRCサクセションが、特に好きだった訳ではない。
けれど「ぼくの好きな先生」、「スローバラード」、「雨上がりの夜空に」、「トランジスタラジオ」など代表曲はほとんど知っている。
ライブ盤も含めて、当時のアルバムを録音したカセットテープも沢山持っていたからだ。
その全ては、中学時代の友人(I君)がダビングしてくれた物だ...

[ more... ]

人に知られずとも・・・

2009.03.28 23:40 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

我が家の敷地の東側は畑や公園や福祉施設ばかりで、視界をさえぎるものはほとんど無い。だから東に面した僕の書斎の机の前にある小窓からは、穏やかな扇状地の景色の向こう側に、広く甲府盆地を見下ろすことができる。

実はこの桜、書斎から見て畑を挟んだ真正面の、それもかなり近距離にある。
何とも立派な枝垂桜じゃないか!

しかしここに家を建てもう随分と時間が経つが、この春までうかつにも僕はこの桜の存在に気が付かなかった...

[ more... ]

君よ、走れ!

2008.09.24 03:55 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

少し前の話・・・

土曜日に予定されていた小学校の運動会。
前日からの雨のため、延期されて日曜日になりました。
その日曜日は、午後からの小雨がそのうちに土砂降りになったけれど、何とかほぼ全ての競技をこなして終了。濡れはしましたが、まぁ良かったです^^

以前ブログにも書いたけれど、息子の小学校は全学年単学級の小さな学校。子どもたちは全校生徒全員の顔と名前が一致すると言うし、親も顔馴染みばかり。妙な連帯感があっ...

[ more... ]

コミュニティーって?

2008.04.07 15:21 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

昨日の日曜日の話。
早朝からご近所さん総出で組の水路清掃。
分譲地内の全ての側溝の蓋を持ち上げ、たまったゴミを取り出し、水を流して綺麗にする春先恒例の行事だ。
コンクリート製の重く分厚い蓋を持ち上げる作業は以前はかなり危険で重労働だったが、数年前に蓋の脱着機(正式名は何て言うのだろう?)を用意してからはだいぶ楽になった。
それでも今日はかなり筋肉痛だけどね・・・^^

作業が終わった後は、分譲地内の公園にシー...

[ more... ]

空での楽しみ(3) 雲海

2007.12.18 12:25 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

機内での楽しみは色々あるが、何と言っても窓から見える雲海が好きだ。
ジェットならわずか数分。しかし雲を突き抜けてそこに広がる世界は、地上から見たどの景色とも全く違う。
例え地上がスモッグに覆われていても、激しい風雨にさらされていても、雲上は極めて凛々とただ光を湛える。
青空はどこまでも青く、夜空はどこまでも漆黒に、果てしなく広がっている。

かつて鳥に憧れ、空を目指した人類。
そして多くの人々の努力・工夫の末...

[ more... ]

空での楽しみ(2) 機内紙

2007.12.17 12:58 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

飛行機座席に置いてある(機内紙)と呼ばれる情報誌が好きだ。
掲載されている内容は様々で非常に幅広い。
元々興味があったことも、まったく考えたこともなかったことも、どちらも好奇心を大いに刺激される。

今回は往復で違う会社を利用したから、2種類に機内紙を楽しむことができた。
全日空は(翼の王国)。
インクウェル(インク壷)に関するエッセイや、京都の花街での粋な作法に関するエッセイなど面白かったが、なんと言っても...

[ more... ]

空での楽しみ(1) 地形

2007.12.13 20:38 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

車や列車の旅も楽しいが、飛行機での移動はまた違った楽しみがある。
窓から見える地上の景色もその一つだ。
ことグーグル・アースが普及してからは、空からの地上の見え方を予め確認しておくことが出来るので、自分が今どの辺りに居るのか分かりやすくなった。
写真は飛行機から見た甲府盆地の様子。
画面上部には雪をかぶった八ヶ岳が見える。

今回中国地方に向かうANA機に初めて乗ったが、以前JAL機に乗って出雲空港に向かった...

[ more... ]

隔世

2007.11.09 18:00 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

娘が誕生日のプレゼントに欲しがった、iPod shuffle。
もらったその日から、嬉しそうに使っている。

僕もiPodはG5の他に古いシャッフルも一台持っているが、この新しいタイプは本当に小さく、消しゴムほどの大きさしかない。
クリップがついたその姿は、まるで薄い洗濯バサミのようだ。
しかもこのサイズで240曲収録できると言う。

高校時代、今は懐かしいウォークマンに「U2」や「BOOWY」なんかを録音した...

[ more... ]

郷愁(ノスタルジー)

2007.11.06 18:11 | 心象スケッチ | 投稿者:Mukasa

サッカーばかりやっていた息子が、なぜか急に野球に興味を持ち始めたようだ。
今のグローブは小さくておもちゃみたいだから、新しい本格的なグローブを欲しいというのだ。
そこで日曜日、学園祭に行った帰りにスポーツ量販店に向かった。

自分で貯めたお金を握り締めながら、たくさんあるグローブを一つ一つ吟味する彼。
色、デザイン、選手のレプリカモデル・・・今のグローブは本当にバリエーション豊富だ。そんな中から彼が選んだの...

[ more... ]

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array