TOP > 法学科 > 和知賢太郎研究室

官僚の受難時代、イギリスでも

2012.04.14 15:00 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 秀節は、4月13日付のイギリスの「テレグラフ紙(デジタル版)」を何気なくみていたが、「連立政権の下でホワイト・ホールの4分の1の上級官僚が辞職」というショッキングな記事をみつけた。
 各省の割合別でみると、コミュニティ・地方自治省(Department for Communities and Local Government)43.4%、 文化・メディア・スポーツ省(Department for ...

[ more... ]

新年度の始まり

2012.04.09 10:40 | カテゴリなし | 投稿者:和知賢太郎

 今日9日、新たな学年歴が始まりました。新入生、新学年となる学生諸君は、心を新たにして今日からの講義にのぞんで下さい。ちなみに、今日は新聞各社の休刊日でもありますが、新入生に一つ提案があります。大学生活のなかで新聞を読むことを習慣づけてください。法をはじめ、様々な社会的事象に関心をもつことは、学生にとって非常に重要なことです。
 数年前、プロ野球の野村克也氏が朝日新聞でヒンドゥー教の教えを引用した言...

[ more... ]

フォークランド紛争とイギリス(3)

2012.04.03 16:15 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 写真は、フォークランド紛争の関連記事、1982年3月25日から4月24日までの約1カ月文のスクラップ・ブックである。初めのうちは切り抜いて保存しようとしていたのであろう。しかし、緊張が高まるにつれて、途中から切抜きがなくなっていた。ほぼ毎日、「タイムズ紙」を中心に、関連記事が1面分のサイズで保存されていた。切抜きでは裏面の関連記事が読めなくなるためにそのような形で保存したのであろう。秀節も、30...

[ more... ]

イギリスの原発事故報道

2012.03.30 16:50 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 福島県は、都道府県の中では北海道、岩手県に続き三番目の広さで、その福島県の中でいわき市は面積、人口とも1位のランキングである。そのいわき市も、かつて、全国の市で面積ランキングが1位であったが、現在では1位の岐阜県高山市、2位の静岡県浜松市、3位の栃木県日光市など、町村合併で次第にランクを下げ、現在は12位となっている。それでも一つの市としては東京都23区の2倍の面積である。
  秀節は、朝の5時半...

[ more... ]

フォークランド紛争とイギリス(2)

2012.03.27 11:35 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 秀節は、4月2までに各紙がフォークランド紛争の特集を組むのではないかと考えて、探してみた。その中の一つは、興味あるものである。3月22日付の「テレグラフ紙(デジタル版)」によると、イギリスは、1982年の5月21日にハーキュリーズ輸送機にSAS(Special Air Service:イギリス陸軍特殊空挺部隊)を乗せ、アルゼンチンの空軍基地を急襲するという「ミカド作戦(Operation Mik...

[ more... ]

フォークランド紛争とイギリス(1)

2012.03.22 12:44 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 秀節は、時間があれば、「British Media Online」一覧表にあるイギリスの国内新聞に目を通すことにしいた。それには、イギリスの日刊、週刊を問わずに全国紙、地方紙、BBC 、ITN、ITVなどのテレビニュース、主要な雑誌などが含まれている。イギリス関連情報の宝庫といってよい。タイムズ紙は有料になったので、余り見なくなったが、ガーディアン、インディペンデント、テレグラフはできるだけ目を...

[ more... ]

「あみ屋」の奇跡

2012.03.04 13:41 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 いわきには、かつて七浜といわれ、今は10か所の海水浴場があり、海水浴客で大いににぎわっていたが、震災後は津波の爪痕が残っている。秀節は、通行止めが解除になってから、人工の浜辺である新舞子ビーチに行ってみたが、津波にえぐられたのであろう、駐車場は至る所に大きな段差があって、やっと車が通れる箇所を抜けて、車を止めた。かつての整備されたきれいなビーチの面影はもうそこにはなかった。ただ、青く、美しい海原...

[ more... ]

秀節の体験談

2012.03.03 16:35 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 秀節は、去年、震度6弱の地震を2回、体験した。常磐高速道路も再開していたので、秀節は、数日間、いわきに滞在することにした。奥の親戚、いわきの家の様子を知りたかったのである。家の中は普段と変わりがなかった。3月11日の地震では、わずかに食器棚にあった人形と、コーヒーカップが2つ転がっているだけであった。二階に上がるとこれも大きな変化がない。本箱の上の本が4冊と封筒が落ちているだけで、あとは変わりが...

[ more... ]

ブログの再開

2012.03.02 14:53 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 M9.0の巨大地震が発生し、その後の大津波、福島原発の大事故を引き起こした東日本大震災の圧倒的な惨事は、遊び心でブログを書いていた秀節に、その後のブログ継続を断念さることになった。しかし、2011年3月27日のお見舞いのブログから、ほぼ1年が経ってしまった。研究室のブログをまかされている秀節は、このままではいけないと思っていたが、今回、先生の強い要請もあり、今日からブログを再開することを決意した...

[ more... ]

東日本大震災

2011.03.27 16:03 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 2011年3月11日午後2時46分、M9.0の巨大地震が発生し、その後の津波、福島原子力発電所の事故によって、政治、経済、社会などあらゆる分野において、わが国は戦後最大の危機に直面しているといえます。
 ここに、東日本大震災(東北関東大震災)被災地の皆さまおよび関係者の皆さまに心からお見舞い申し上げます。
                           和知研究室代表  根本 秀節

ある雪の日

2010.12.01 12:38 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 「ここはどこですか」と女性が窓越しに秀節に尋ねた。
 「え?ああ、福島県のいわきです」
 「そうですか」というなり女性は車を離れていった。
 ほんの一瞬のことであった。目を覚ましていた運転席の女性と顔を見合わせた。後から考えればおかしな秀節の答えであった。おかしいぞ。こんな遅くに女性一人。それにあたりには車が止まっていない。秀節はいっぺんに眠気から覚め、急いで車外に出ると、あっと驚いた。あたり一面が真...

[ more... ]

ある雪の日

2010.11.30 16:43 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

ある雪の日
 秀節達は小型車でS字カーブが続く山道を登っていった。急坂のため車のエンジン音が大きい。後続の車も、対向車もなく、あたりは真っ暗闇。車のヘッドライトに写し出されたガードレールとその向こうの木々が左右に移り変わっていく。
 車が広い駐車場に着いたころは12時近くだったと思う。それは11月30日のことであった。車のフロントガラス越しに見える眼前の夜景はきれいだった。遠くの方にイカ釣りの漁船であ...

[ more... ]

流れに沿って

2010.10.16 15:36 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 「ススキの原野が微風に吹かれてゆれていた。車窓に映った私の顔がほころんだ。紅あり、黄あり、緑あり、多彩な色の組み合わせ、秋の紅葉風景だ。
 車は土煙を後に残して走っていた。窓を開けると、吹き込む風がやけに冷たかった。両側にはシラカバ似たダケカンンバ、ブナのたぐいが黄ばみ、所々にカエデの類が火焔花火のように、あらわれては消え……。車が小さな石ころをわきにはね飛ばして、つづら折れの道を進んでいた。その...

[ more... ]

大きな四角い腕時計

2010.10.08 12:17 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 それは、不思議な会話であった。秀節はある大学の講師室に到着して、1時間目が始まるまで待機していた。すると、日頃よく雑談をする先生が、カバンをソファーの上において、挨拶をした。その後、彼は講師室の受付の女性職員のところに行った。
 「あのー、時計を忘れたんで、何か時計を貸してくれませんか。目覚まし時計のようなものでもいいのですが」
 「はい、分かりました。少々お待ちください」といって、彼女は別室に入っ...

[ more... ]

ある勤労学生

2010.10.01 14:05 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 何年か前の話である。秀節はある大学の通信教育部で夜間スクーリングの講師を頼まれた。当時は、夜の6時20分から9時35分の講義が行われていた。通常の講義の2コマ分に当たるもので、それを7周連続で開講するというものであった。秀節が予定通りの講義を終えて講師控室で帰り支度をしていると、サラリーマン風の学生が受付で話しをしている。
 すぐにその学生の顔が分かったため、秀節は「どうしたんですか」と声をかけた...

[ more... ]

お月見泥棒

2010.09.23 14:02 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 遠いかすかな記憶を手繰り寄せる銀色の糸が秀節の手からふっと消えると、セピア色の情景が透明で真っ白な色に包まれた。いつの間にか右回転から左回転している回り灯籠の中に秀節の姿があった。
 夏休みも終りに近づき、昨日の甲府は夏に逆戻りしたような暑さであったが、9月22日は十五夜でもあった。ススキや月見団子などで月見飾りをして、名月を眺めるというということはできなかったが。
 朝日新聞の朝刊を手に取ると、一...

[ more... ]

夏休みは終わり、暑さ終わらず

2010.09.22 13:31 | カテゴリなし | 投稿者:和知賢太郎

 ブログの3回目で、早くも投稿が滞ってしまいました。夏休みもそろそろ終わり、学生諸君も後期の講義に向けて気持ちの切替えが大変だと思います。私も8月の終わりごろまでは雑事を含めたスケジュールが詰まっていて、その後の3週間ほどが自分の夏休みでした。
 私は、毎年のようある地方の山沿いにある小屋を根城にして、夏の間を過してきました。8月の初旬は、アブラゼミが、やがて夕方になるとヒグラシの鳴き声があたり一面...

[ more... ]

根本秀節です

2010.07.29 12:27 | カテゴリなし | 投稿者:根本秀節

 研究室のブログ作成を任された根本秀節(しゅうせつ)です。ブログ内容の書き方は自由、ちょっとした遊び心で、君の思うままに書いて下さいと先生に言われました。ただ二つの留保がついています。大学という知的空間から情報を発信するのだから、そのことを十分に考慮して書くこと、文書作成の場所は、原則として、往復の電車および宿泊先のホテルで書くことと言われました。作成時間は限定されますが、それ以外は締切日もありま...

[ more... ]

研究室ブログ開設にあたって

2010.07.23 18:44 | カテゴリなし | 投稿者:和知賢太郎

 山梨学院大学キャンパスの正面にある「蒼弓の門」をくぐり、すぐ右手に見える建物が私の研究室がある大学院棟です。二重になったガラスの自動ドアを通り、左手の階段を上って、3階のやや広い廊下を歩いて突き当たり左手のドアをノックして下さい。
 50代終わりの、やや小太りで眼鏡をかけた普通のおじさん風の男がドアを開けてくれます。それが私です。こんにちは、和知賢太郎です。
 今回、ブログを開設するにあたっては、同...

[ more... ]

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array