TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2016 > 熊本支援チーム活動報告書

熊本支援チーム活動報告書

2017.01.18 11:28 | 熊本支援チーム

 後期の活動を総括すると、募金活動、ボランティアツアーに参加したことを後期の活動の題材として活かし、最終目標としていた防災についての展示会を実施することができた。前期の課題として、各個人で役割分担を行っていたが、そのあとの集まりで情報共有がしっかりと行われていなかった。後期では、最終的な目標を全体で明確にしたことで、その目標の実現に向かってどういう行動をすれば良いか考えていき、前期よりか主体的に活動をすることができた。具体的には、市役所に行き防災展示会の視察、備品の貸出のアポ取り、防災センターの所長(専門家)のお話を聞く、iiraで模擬展示会を行い、アドバイスを聞いたりしたことだ。竹端先生にも相談をしたことはあったが、前期よりか主体的に行動し、自分たちがしたい活動ができたと思う。今回の展示会を終えて、私たちも防災についての知識を得ることができた良い機会であった。また、来てくださった人に私たちが調べたことを発信できた。展示会を行うことが目標であったが、来てくださった人に防災についての興味関心を持たせたのではないかと思う。その展示会では、私たちと来てくださった人と一緒に考えるアクティブラーニングを採用し、興味関心を持たせる発表の仕方を行った。そのおかげで、相手に退屈させることなく、有意義な展示会になった。情報の発信において、メディアを利用して防災についての活動内容も行った。自分たちだけでは情報発信が限られてしまう。そこで、竹端先生と考え、アドバイスから自分たちで交渉を行い、メディアを通じての情報発信ができた。
 前期と後期での活動を終えて、私たちは、グループワークで大切なことを学んだ。それは、連携である。効率良く円滑に進めるには一人ひとりが役割分担を行う。そして、その後の集まりで結果を報告して次の内容に進める。ごく当たり前のことであり、社会へ出ても大切なことであるとグループ所属の者は実感した。一つの目標に留まることなく、視野を広く持とうとする意識も変わった。自分たちはまだまだ成長するプロセスの真っ最中にいます。今回の活動で学んだこと、知識を得たのはもちろんだが、社会に出る前にこのようなグループワークに参加できたことを誇りに思う。この達成感はやり遂げないと味わえないものでした。ゼミでの活動は終わってしまうが、まだ山梨学院高校での出前授業があります。最後までやり切っていきます。ありがとうございました。
 

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array