TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2015 > 個人報告書

個人報告書

2016.01.28 23:48 | 個人報告書 | 投稿者:堀川優人

個人報告書 
1404110 堀川優人 

 私はこの一年間、前期・後期ともに「防災」をメインテーマとした、誰もが暮らしやすい街づくり班に所属し活動を行ってきました。
 前期は地域安全マップの作成方法を自分たちで学びました。地域安全マップとは犯罪が起こりそうな場所を知って犯罪に巻き込まれることを未然に防ぐためのマップのことです。また、学んだ内容を発信するために、山梨学院大学付属小学校4年生の児童たちに授業を実施しました。まず、このように自分たちの学んだことを発信する機会があるということが、貴重な体験でありました。また、子供は大人よりもシビアで、関心のない事柄には全く興味を示しません。今回授業をさせていただいた際も、初めは「防災」というテーマに全く興味を持たない子供たちが数多くいました。したがってどのようにすれば防災に興味をもってくれるのか、どのように振る舞い、話せば私たちの話を聞いてくれるのかを考えることに必死で、「授業」というものを無事に成功させることしか考えられませんでした。しかし、徐々に子供たちとも打ち解けていき、後半にはみんなが楽しそうに授業に取り組んでくれました。したがって前期の地域安全マップ作成の授業は成功であったと思います。
 後期は「みんなで考える防災」というイベントを行いました。イベントの内容はクロスロード、応急救護、簡易品、非常食など、防災時のための準備や対策を学ぶためのものです。山梨県立図書館のスペースをお借りして、一般の方々を巻き込むような形でイベントができたのは、前期よりも大きな成果だったと思います。しかし後期は、グループの中でそれぞれ取り組んでいきたいテーマの方向性が異なっていました。また、話し合い不足だったこともあり、あまりスムーズに活動を行うことができませんでした。各人の意見が対立し、グループにそれを上手にまとめられる人もいなかったので、イベントの成功という成果を得ることはできましたが、今年度の初めにゼミで達成すると決めた「協調性を身につける」という目標が自分自身達成できたかはわかりません。
 全体を通して、様々な意見を持った人たちがひとつにまとまらないといけないグループワークの難しさを思い知った一年でした。また、この一年で私が思い知らされたことは、民主主義社会における本質的な問題であると気が付きました。このゼミに所属し、活動し、感じたことは、私の専攻である政治行政学の勉学にも役に立ったのではないかと感じます。今年度の経験を生かして、来年度はさらに有意義な活動を行っていけるよう、精進したいと思います。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array