TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2015 > 個人報告書

個人報告書

2016.01.28 10:28 | カテゴリなし | 投稿者:早川

 個人活動報告書
 法学部政治行政学科 早川丈
 早いもので大学生活の2年目が終わろうとしています。この2年間はあっという間に過ぎてしまった気がします。大学生活の半分です。恐ろしいくらいに早く時が過ぎています。あと2年後に卒業することが考えられません。
 前期は、まず学生チャレンジ制度に応募しました。まさか企画が通るとも思わず、企画が通った時は嬉しい気持ちで、「よし!頑張るぞ!」と思いました。次に県庁の方を呼んで、地域安全マップ作りをしました。その経験を生かして山梨学院大学附属小学校の6年生に授業をしました。まさか、自分たちで授業を計画し、実際に児童に対して授業をできるなんで思ってもいませんでした。授業づくりでは教頭先生などにとても力を貸してもらいました。自分自身将来教師になりたいと思っているので、この附属小学校での授業はとてもいい経験になりました。教職課程で学んだいくつかのことも実践することができました。正直4月に自分が想像していた以上のゼミ活動でした。たまたま同じ興味を持ったメンバーが集まり、一人ひとり個性があり、グループ内で意見がまとまらず、大変なこともありましたが、あっという間に前期の活動が終わりました。
 後期になり、グループが新たに決め直しを行いましたが、前期のメンバーのままでした。そこで、後期に何をするのか。奔走しました。結果としては「みんなんで考えるBOUSAI」というイベントをしました。そのイベントを企画するのにも、様々な問題があり、一時はイベントをしないという方向でまとまっていました。自分自身も時間も知識も無いため、イベントの企画は絶対反対でした。しかしイベントを企画・運営してみて、厳しい評価もありましたが、第2回に期待という評価もあり、こんなイベントでも第2回に期待してくれている人もいて、やってよかったなと思いました。また、NHKの安全マップの作成や防災手帳についての問い合わせなど前期より積極的に活動ができました。
 この大学2年生の1年間はとても実りおおき1年になったと思います。前期の終わりにはゼミの選択を失敗したかもしれないと思いましたが、人生で1度しかないこの大学2年生という期間をこのゼミで学べてよかったと思っています。人間何かを一生懸命集中して取り組むことはとても大事なことだと思いました。また、これから生きていく上で、自分の主張を発表することも大切だと学びました。1年前の専門演習の申込書を見直すと、「発表する力」、「一生懸命集中して取り組むこと」、「将来の自分に役立てること」をしたいという自分の計画を実行できたと思います。計画が計画のままで終わらなくてよかったと思っています。この1年間で身につけた「力」を無駄にすることなく社会に羽ばたいていきたいと思います。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array