TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2015 > 個人報告書

個人報告書

2016.01.27 23:50 | 防犯防災 | 投稿者:磯崎 真有

 

個人報告書


                     1404018   磯崎 真有

私は、この一年間ゼミで防犯防災についての活動をしてきました。まず、私たちに何ができるのか、自分は何をすべきなのかについて考えてきました。前期は地域安全マップを県庁の方の指導のもと作成し、身近な場所に”危ない場所”がたくさん潜んでいることを知りました。危険というのは潜んでいるものなので見つけることは意外と難しかったけれど、自分だけの目線ではなく、小さい子供の目線、お年寄りの目線、様々な目線で地域の危険な場所を探すということが大切であると感じました。そして自分達が作成した経験を生かして、山梨学院大付属小学校の6年生の皆さんに授業させていてだき一緒に作成しました。6年生の皆さんにまずは、安全マップとはどういうものなのか、説明をし、一緒に酒折周辺を歩いて実際に安全マップを作成しました。そして自分達が学んだことを人に教えるということがどれほど大変かということを実感しました。教えるということは同時に興味も与えなくてはならなくてとても大変で難しかったです。後期は防災についてみんなで考えました。防災について深く学ぶというよりは、防災について関心を持つということが目的でした。関心を持つということだけで自分の防災への考えかたが変わり、もっと考えなければならないという姿勢に変わりました。そして後期もまたイベントを行いました。後期の防災イベントは来ていただいた方々に関心を持っていただくには何をするのがいいかと自分達で考え、準備するのがとても大変でした。配布するための資料を作ったり、非常食を準備したりとやるべきことはたくさんありグループで話し合いもし、当日は来ていただいた方々も楽しんでいただけてよかったなと思いました。一年前にこのゼミを履修するとき、このゼミの希望理由に『進路希望などがまだ明確に決まっていないので、ゼミで自分が関心を持てることを見つけられたらいいなと思っています』と書いていました。進路希望は変わらずまだ明確に決まっていませんが、この一年間のゼミ活動を通して、関心持てることはいくつか見つかってきました。自分は何が好きで、何が嫌い、何が得意で、何が苦手なのかぼんやりとではありますが見つかってきて良かったなと思います。また、自分の役割を果たすという責任を持つということがどれだけ大切かということも学ぶことができました。私は今年二十歳になり大人の仲間入りをしたので、”責任”という言葉がついてきます。大人としての責任を果たすということは大変なことだけどとても大切なことだと思います。自分のやるべきことをやらなかったり後回しにすることで大変になるのは自分なので責任を持って様々な事に取り組む姿勢をこれからも大切にしたいと思います。それを学ぶ機会をこのゼミでもてて本当に良かったなと思います。一緒に活動してきてくれて、力を貸してくれた同じグループのみんなや、様々なアドバイスを与えてくれた竹端先生にとても感謝します。一年間ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array