TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2015 > 竹端ゼミ 個人報告書

竹端ゼミ 個人報告書

2016.01.27 14:33 | グローバルサポート団体 | 投稿者:深澤篤司

1404107 深澤篤司

 私は竹端ゼミに入り、この一年間のグループ活動でグローバルサポート団体として留学生と多くの交流をしてきました。前期の活動は、外国人のことを理解することが大切だと思い、前期のテーマを外国人との交流とイスラム教の対応の状態に活動内容をについて活動してきました。外国人と交流は、インドネシアの留学生の方々との交流、イスラム教の対応の状態は、県庁の方からのお話をいただくこと、ハラール対応の店に行く、という計画にしました。まず初めに竹端先生に国際交流センターの雨宮さんを紹介してもらい、会いに行ってきました。「ハラール」というキーワードをもらいハラールとは何かと調べていくことにしました。「ハラール」を調べ分かったことは、ハラールとはイスラム法上で許された項目であり、イスラム法上で食べることを許された食材や料理のことを言います。また、逆に許されない項目をハラームと言います。人間に有害なものはや不快感を与えるものは全般的にハラームであるが、緊急時にはハラームの食品を食べることが許されています。前期では、ハラールについてたくさんのことを学びんだと同時に、雨宮さんの協力がなければ私たちは明確なゴールが見えないまま進んでしまうところでした。そして人間関係の信頼こそが、交渉するうえで重要だと分かり連絡や報告、相談などを怠らないことなど、これらを積み重ねが重要であることを改めて学びました。後期の活動は、山梨のゴールデンルートを作る計画で、私たち国際交流班は、中国、ベトナム、ロシアの留学生6人と山梨県の観光をしてきました。山梨学院正門→マルスワイン→ほうとうふどう→猿回し劇場→西湖癒しの里のルートで山梨を観光してきました。ルートは、山梨県に滞在してもらうためにはと考え私たちが考えたルートです。留学生の方たちはいろんなものを見たり聞いたり、いろんなものを食べて、たくさんお土産を買ってどの観光場所も楽しんでいたと思います。計画になかったモータボードに乗ったりもしました。最後に留学生の方から夜みんなでご飯を食べに行きたいということで、お寿司を食べに行きました。写真もたくさん撮ることができました。とても楽しい一日になったと思います。ご飯を食べた後に留学生の方々にアンケートをとり、皆さん「楽しかった。また参加したい。」と言ってくださったので、今回のこの活動計画をしてよかったと思います。協力してくれた方々、本当にありがとうございました。
 この一年間多くの人と関わり、多くのことを学んだ一年でした。私はコミュニケーション能力を高めたいと思って竹端ゼミに入り留学生と交流する交流班に入りました。ですが、グループ活動ではあまり積極的に意見を出せなかった時も多くありました。用事があったりして集まりなど参加できなかったこともあります。ゼミを受講する際の目標を見返してみましたが、目標通りにはならなかったと思います。三年生のゼミ活動では、目標通りにいけるよう、竹端ゼミで学んだこといかし、今回の反省点を見直して活動していきたいです。この一年迷惑も掛けてきましたが、竹端先生と雨宮さんと班のみんなの協力・サポートのおかげで、一年間やっていけました。本当に今までありがとうございました。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array