TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2014 > 後期を振り返って

政治行政学科

竹端ゼミ2014

プロフィール
目指せ!社会起業家
ブログ・テーマ
2014年度、政治行政学科2年、竹端ゼミのブログです。このゼミは、ゼミ生の自由な発想能力や、創造性、アイデアをフル活用して、社会問題の解決に向けての提案や実践を行っていく、アクション重視型ゼミです。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

後期を振り返って

2015.01.22 19:59 | 後期のまとめ | 投稿者:八巻

後期、私たちの班では身近な交通マナーについて活動しました。
実際に活動する上で、自分たちで疑問に感じていたり、改善したいと思ったことについて改善できたらいいなと思い、調査内容を考えました。そこで、信号機のない横断歩道を渡る際に、自動車が止まらず進んでしまうことがあり、どうすれば無くなるかなと考え、このテーマに取り組みました。
実際に公道に出て、数日間にわたって調査をしました。その時も全く自動車が止まってくれることはなく、連続27台止まってくれないということがあり、なかなか改善することは難しいと実感しました。
そこで気付いたことが、信号機のない横断歩道で一時停止をしないことは違反ということに対しての認知度が低いということでした。どうしたら認知度が高まるか、どうしたら歩行者がなかなか渡れないという現状が改善できるか考えました。
そこで、県警でお話しを伺わせていただき、啓発活動をしているということと、歩行者側の運転者に気づいてもらう姿勢も大事ということが分かりました。歩行者もただ立つだけではなく、手をあげたり、運転手にアイコンタクトをとることで止まってもらえるということでした。このことも啓発したいと思いました。
啓発活動に対して、自分たちでもできることはないかなと考えました。そこで最近SNSで流行っている動画で広めようと考えました。これによって少しでも認知度が高まり、自動車が止まってくれればいいなと思いました。

このゼミ活動を通して、自分たちでやりたいテーマを考え、自分たちの足で調べに行き、自発的な活動によっていろんなことに対して考えることができ、成長できたと思う。グループ活動という点でも、いろんな人の意見を聞きながら活動できたので、交通マナーに対していろんな意見と考え方を持っていることを知れて良かったです。自分とは違う考え方を吸収することで、プラスになったことも多々ありました。協調性の大切さも改めて実感することができました。県警でお話しを伺えたことだって本当に貴重なことであり、テーマに対して積極的に活動できたことは、今後の三年生でのゼミ活動の糧にしていきたいと思います。このように、後期のゼミ活動でも学んだことがたくさんあり、充実した四ヶ月になりました。このことをこれからの学生生活で生かしていき、今よりもずっと成長して卒業したいなと思いました。竹端先生と竹端ゼミの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。充実したゼミ活動ができてとても良い経験ができました。一年間ありがとうございました。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array