TOP > 政治行政学科 > 竹端ゼミ2014 > 後期の振り返り

政治行政学科

竹端ゼミ2014

プロフィール
目指せ!社会起業家
ブログ・テーマ
2014年度、政治行政学科2年、竹端ゼミのブログです。このゼミは、ゼミ生の自由な発想能力や、創造性、アイデアをフル活用して、社会問題の解決に向けての提案や実践を行っていく、アクション重視型ゼミです。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

後期の振り返り

2015.01.21 10:53 | 後期のまとめ | 投稿者:鮎澤小百合

山梨学院大学の呼称である「山学」を広めるプロジェクトは、普及でき成果を出せたのかは分かりません。しかし普及したしないにかかわらず、私にとってこのプロジェクトはとても良い経験となりました。
 このプロジェクトが始まるきっかけとなったのは、メンバーである入倉さんと前田さんの学生課で聞いてきた「山学」の話からです。この話を聞くまで、私は「山学」という言葉を知りませんでした。後期に入りゼミでの活動に悩んでいた中で、「山学」という言葉を広めることにとても魅力を感じ、プロジェクトに参加することにしました。
 最初に「山学」という言葉について、知識をもっと知る必要がありました。そこで学生課で広報課の山本さんにお話を伺う機会を頂き、「山学」について色々説明を受けました。山梨学院大学付属高校では1995年に、野球部が甲子園に初出場しました。そこで名前の掲示をする際に、「学院附」ではいけないと指摘を受けたそうです。たしかに全国にたくさんの「学院」とつく名の高校がたくさんある中で、この掲示ではどこの高校か分かりません。ここから「山学附」と名前を改め、山梨学院大学の掲示物や新聞記事、旗に「山学」という呼称を使用することを徹底していきました。スポーツ応援などで使われ、県外では「山学」は山梨学院大学であることを認識する人が多いそうです。しかし県内は学院とつく名の学校が他にないことから、「学院」という呼称が通ってしまうため「山学」の普及が伸び悩んでいます。「山学」が出来るまでの経緯や県外と県内の呼称の違いなどを知り、プロジェクトへの思いがより強くなりました。
 メンバーで私たちには何ができるのかを考え、ポスターを作成することにしました。広報課の山本さんと何回か意見を交換し合い、メンバーがそれぞれ完成させたポスターを学内に掲示しました。私は一瞬で「山学」という言葉が理解できるようなポスターと、キャッチフレーズを考えたポスターの2種類を考えました。山梨学院大学のイメージカラーを使ったり校章の植物を用いたりして工夫を重ねましたが、思いを形にするのはとても難しいと実感しました。「これはいいね」と山本さんに認めてもらえたとき、「山学」普及への思いがやっと形にすることができたのだと嬉しく思いました。大きな紙に印刷し掲示板に掲示したとき、多くの人の目に触れる物を作ったということを改めて感じ背筋が伸びました。
 プロジェクトを通して、大きなポスターを作ったり広報課の方とお話をする機械を頂いたり、私に新しいことをたくさん体験させてくれました。どれも新鮮なことばかりで、私を成長させてくれた活動となりました。活動にはメンバーとの協力がかかせませんでした。コミュニケーションをとることは大切なことであり、今後私が関わっていく活動に今回学んだことを活かしていきたいです。今回の活動で今年度のゼミ活動は終了となりますが、普通では経験できない事をやらせて頂き、このゼミに入りとてもよかったです。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array