TOP > 政治行政学科 > キャンパスフィールドワーク論2013 > 個人最終報告書

プロフィール
政治行政学科2年、竹端ゼミの、おもろい何かを追求するゼミ生たちの活動記録
ブログ・テーマ
このゼミは、4つのチームに分かれて、アクティブに現場を取材し、そのプロセスや活動報告をブログにアップしながら、学び、考え、連携し、チームメンバーの人間的成長をも目指す活動を展開しています。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

個人最終報告書

2014.01.31 22:20 | 個人最終報告書 | 投稿者:小池峻

私達冨士山班はせっかく山梨の大学に入学したのだから山梨の素晴らしいモノについて詳しくなろうということで山梨の象徴とも言える冨士山についての学習を始めました。しかし始めたはいいものの何をするか決められずインターネットの情報ばかり集めていました。しかしそれでは中学生にも可能で大学生らしく無いと先生言われまず行動してみることしました。最初は富士山の近辺にあるパワースポットに行ってみようということで色々ナところをまわってみました。その時期はまだまだ富士山のシーズンには入っていなかったので観光客などは少なかったのですが、行ったところの事務員さんなどに話を聞くと毎年シーズンになると外国の観光客で賑わうが今年は富士山が世界遺産に登録されたこともあり期待も大きいと話していました。しばらくその活動を続けていると富士山に学校で登れるという情報をもらい、富士山班のみんなで登ってきました。富士山の山頂への道のりは険しくやっぱり参加者のほとんどの方は8合目辺りには疲れてヘトヘトになっていました。しかし山頂についた時にはその疲れが吹っ飛ぶくらい素晴らしい景色が待っていてとても達成感がありました。下る頃に雨が降り出し皆の体力も限界まで来ているようでしたが最後には虹が出て私達の疲れを労っているようでした。前期を振り返ってみるとやはり停滞していた時間が長く失敗するのが怖く行動に飛び込んで行けないという失敗がありました。最後は学院の企画に助けられる形でなんとかやり遂げた感はありましたが、自分たちで燃え上がることが出来なかったのが大きな課題となりました。
 夏休みが終わり後期の活動が始まりました。私達はまずこのまま富士山についての活動を続けるか、もしくは新しい活動をするかを決めなければなりませんでした。前期の反省として物事を決めるのに時間がかかりすぎるというのがあったのでまず大きく何をするかを決めることになり動画を作ろうということになりました。しかしそこからまた何を撮るのかで少し時間を使ってしまい結局ゼミのPR動画を作ろうということになりました。自分達の活動を振り返るいい機会にもなりましたが私主体で動画編集するのは初めてで高校の頃の友人やseedsのスタッフの方々にもたくさん教えてもらってなんとか動画の作成方法は分かったのですがそこで更に問題がありました。それは私にセンスというものがなく、ただただ無駄に長くそして単調な動画になってしまったことです。何度見返しても自分ひとりでは上手くまとめられずにいましたが本当は他の仕事で忙しいメンバーの皆が手伝ってくれて私一人でやっていた時のモノより数段スマートで分かりやすい動画にすることが出来ました。私はここで自分の無力さとメンバーの頼もしさを感じました。そして後期最後の授業でゼミの人々にお披露目することが出来ました。私にとってこの達成感は富士山の山頂に立ったときに勝るとも劣らないものでした。
 今回1年を通して活動してきて自分は多くの課題が浮き彫りになったと考えます。例えば私は人に流されやすく自分の意見をコロコロ変えてしまうという点です。このことは竹端先生にも言われて色々考えた結果自分に強い信念が無いことが原因ではないかという結論に至りました。様々な課題は今後の人生で少しずつ直していきたいと思いました。しかし、課題だけではなく得るものも多かったと思います。それは自分で考えて行動するということです。これは皆が普通に普段行っていることだとは思いますが私はここまで深く考えを巡らせて試行錯誤していくのは初めてでした。そしてそれをすることがこんなに楽しい事だということも実感できました。私はこのゼミでこの仲間で活動出来たことをとても誇りに思います。そしてこの1年間お世話になった全ての方々に感謝しここで私の1年の総括を締めくくりたいとおもいます。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array