TOP > 経営情報学科 > 内藤ゼミ > ジョン・レノンが育った家とストロベリー・フィールズ

経営情報学科

内藤ゼミ

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201709  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジョン・レノンが育った家とストロベリー・フィールズ

2010.10.09 23:01 | 空の風景 | 投稿者:内藤

Mendips、ジョン・レノンが育った家

 

本日、10月9日はジョン・レノンの誕生日です。1940年10月9日生まれ、生誕70周年と言う事で、今年は雑誌やラジオで多く取りあげられています。写真の中央の赤い屋根の家は、そのジョン・レノンが育ったミミ叔母さんの家で、現在はメンディップス(The Mendips)と呼ばれています。

 

なぜ、ジョン・レノンが叔母の家で育ったのかは、私は詳しい事情は分からないので、知りたい人は、インターネットや書物で調べて下さい。ただ、ジョン・レノンの両親が良好な関係でなかった事は、想像ができます。

 

この家で、数々の名曲が生まれたかと思うと、現在、このようにインターネットを介して鮮明な写真を目にする事ができるのは、驚くべき事実です。こんな時代がやって来るとはジョン・レノンは想像しなかったでしょうし、私自身、10年前には考えもしませんでした。

 

私の大好きなビートルズ・ナンバー「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」もこの家で、書かれたと言われています。

 

Strawberry Fields

 

この写真で、ジョン・レノンの育った家、メンディップスは中央下の3行の文章の、上段の2010のすぐ上です。そして、ストロベリー・フィールズは左上に広がった緑地の部分です。ジョン・レノンは家を裏庭から抜け出して、ストロベリー・フィールズに行ったと言われています。

 

“故人の齢を数えるのは愚かだ”などと言われますが、70歳になったジョン・レノンには、今の時代はどう映るでしょうか?もし、ジョン・レノンが生きていたら、アフリカの飢餓は?ライブ・エイドは?天安門事件は?ベルリンの壁は?同時多発テロは?アフガニスタンは?イラク戦争は?

 

考えると胸が締め付けられます。

 

参照
http://ja.wikipedia.org/

http://wikipedia.org/

http://britaincalling.blogspot.com/2009/05/liverpool-2-2.html

http://blog.livedoor.jp/redguitar335/archives/1452125.html

Google Earthで得た画像の取り扱いについては
http://earth.google.com/support/bin/answer.py?hl=jp&answer=21422

を遵守しています。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array