TOP > 経営情報学科 > 内藤ゼミ > カヴァテッリのスパイシーソース

経営情報学科

内藤ゼミ

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201711  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カヴァテッリのスパイシーソース

2008.10.02 13:48 | 手打ちパスタ | 投稿者:内藤

久しぶりに作りました。夏休みの間に引越をして、キッチンが使い易くなりました。このキッチンで、手打ちパスタを作りたいと思っていたところ、先日やっと妻のGO!が出ました。(我が家のご飯は妻に主導権が有ります。)

カヴァテッリのスパイシーソース。カヴァテッリはこれまでにも紹介しました。今回は、トマトソースではなく、我が家のベランダで育ったローズマリーを使って、スパイシーソースを作りました。

ソースの作り方:まず、豚の赤身のひき肉、みじん切りにしたローズマリーとセージ、塩、こしょうを混ぜ合わせて30分ほどおきます。生のセージは無かったので、市販の粉のセージを使いました。次にフライパンをあたためて、オリーブオイルをひき、みじん切りにしたタマネギを炒めます。タマネギが透き通ったら、先ほどのひき肉を加えてポロポロになるまでいためます。この時、パスタもゆで始めます。ひき肉を炒めたら、パスタのゆで汁と半分に切ったミニトマトを加え、ミニトマトが柔らかくなったらヘラでつぶします。最後に、パスタを加えてソースをからめたら出来上がり。

セージで思い出しましたが、サイモン・アンド・ガーファンクルの“Scarborough Fair”と言う歌に、"Parsley, sage, rosemary and thyme”と言う歌詞があって、昔見たLPの歌詞カードの邦訳には、セージ*注、*ソーセージの略 と書いてありました。すっかり信じていましたが、よく見れば、パセリ、セージ、ローズマリー、タイムとみなハーブの名前ですね。だまされた!!この4つのハーブには隠れた意味も有るようです。興味がある人は、下のサイトを参照して下さい。

参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/スカボロー・フェア

コメント
いやあ、実にうまそうですね~
いい感じです。
今度、うちでもつくってみようかな、と思いつつ、使ったことないハーブなんでどうかな…、とやや消極的であります。

また、来ます。
んじゃ。
投稿者:k.y: at 2008/10/03 23:57

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array