TOP > 経営情報学科 > 内藤ゼミ > ロボット兵

経営情報学科

内藤ゼミ

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201709  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロボット兵

2008.06.26 22:32 | Google Earthで空の旅 | 投稿者:内藤

私がスタジオジブリの作品で最も気に入っているは「紅の豚」ですが、他にも空を飛ぶ場面が出てくる作品は皆大好きです....って、ほとんど全ての作品になってしまいますが。写真は、昨日に引き続き「三鷹の森ジブリ美術館」。今回は、その屋上庭園の「ロボット兵」の拡大写真です。見た目、背の高さは5〜6メートルある「ロボット兵」。衛星から見ても、影がちゃんと分かるほどの巨大さです。

この「ロボット兵」は「天空の城ラピュタ(1986)」に登場するロボットですが、他にも外観の似た「巨人兵」が「風の谷のナウシカ(1984)」に登場します。さらに遡ると、TV第2シリーズの『ルパン三世』の最終回、「さらば愛しきルパンよ(1979?)」にロボット兵器、ラムダとシグマとして登場します。『ルパン三世』のTV第2シリーズの最後の2話はスタジオ・ジブリの宮崎駿さんが演出を担当していますね。宮崎駿さんはTV第1シリーズの『ルパン三世』(青ジャケルパン)にもしばしば演出として参加しているようです。

「天空の城ラピュタ」ではとても重要な役割を果たしている「ロボット兵」ですが、屋外に置かれたプロパンガスの巨大なガスボンベの頭の部分を連想してしまうのは私だけでしょうか?

高畑勲・宮崎駿〜スタジオジブリの作品が好きなのは、空をテーマにしていると言うのが公の理由ですが、必ずツンデレ系の女性が出てくると言うのが、隠れた理由のように思います。峰不二子(「ルパン三世」)、モンスリー(「未来少年コナン」)からマダム・ジーナ(「紅の豚」」)、サリマン(「ハウルの動く城」)まで、語れば尽きがありません。

注)宮崎駿さんの“崎”の右辺は“立”を使うのが本当ですが、このブログでは使用できないので、そのような場合に使用頻度の高い“崎”を用いています。

参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/宮崎駿

Google Earthで得た画像の取り扱いについては
http://maps.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=26392
を遵守しています。

コメント
ロボット兵は既に現実に近いものになっていますね。自動掃除機Roombaで有名なiRobot社は、同時に米国防総省に軍事用ロボットを提供しています。
イラクでは200体ほどの探査用ロボットが納入されているそうです。これらに殺傷能力があるかどうかは不明ですが、兵士に代わって偵察を行う以上、ロボット兵と言ってもいいのではないでしょうか。
投稿者:いとう: at 2008/06/26 23:43

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array