TOP > ランゲージオフィス(Language Office) > L.O.SQUARE > 欧米か! とツッコミたくなった貴方に: Happy Holidays!!

ランゲージオフィス(Language Office)

L.O.SQUARE

プロフィール
情報を発信し、交換するコミュニティ広場です。
ブログ・テーマ
スクエア(square)とは街路が交わる所にある四角な広場です。ランゲージオフィス・スクエアも、人びとが行き交い、立ち止まり、情報を発信し、交換する場所です。公共道徳さえ守って頂ければ誰でもスクエアを利用できます。このブログの運営に参加したい、記事を投稿したいという方は新9号館2Fにあるランゲージオフィスを一度お訪ねください。歓迎いたします。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

欧米か! とツッコミたくなった貴方に: Happy Holidays!!

2007.12.26 09:50 | カテゴリなし | 投稿者:L.O.'s neighbor

ようやく"24"のシーズンVIを見る時間が少し作れるようになったが、"24"や"007/Casino Royale"で気になってしまうことがある。それはテロリストの描かれ方だ。これらの作品を見た人には、ぜひ図書館でも観られる"30 days"第1シリーズVol.2を!!

http://www.wowow.co.jp/extra/30days/

まあ欧米か!とタイトルにしながらも、アメリカの話なのだが。あるクリスチャンがイスラムコミュニティーを30日間体験するエピソード。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教でその呼び方が違っても、同じ神であるということが冒頭アニメで出てきて、イスラム教の祈りの意味、生活も示して、そのクリスチャンの今までの見方が変わるところを45分でよくまとめている。

また、フリージャーナリストの綿井健陽氏の『リトルバーズ: イラク戦火の家族たち』 (図書館、770/Lit/1/2000)、『グアンタナモ、僕達が見た真実』(図、778/Gua//2383)も観てほしい。 そして、パレスチナ側からの視点で自爆テロを描いている『パラダイス・ナウ』(図にはない)も考えるヒントになるのでは?(パレスチナ人は国籍が与えられていない生活をしている、ということは恥ずかしながら最近知ったのだが。)

本も読める方は、皆さんと同世代の岡崎玲子によって書かれた『9・11 (ナイン・イレヴン) ジェネレーション』(集英社新書、302.53/O 48)で、9.11直後の米のインテリ層の反応や日米の平和教育の違い、国末憲人『自爆テロリストの正体』(新潮新書)を読んでみてはいかが?

そして、流れ着く先としては、原作者からは気に入らない、という猛抗議を受けることになった『ミュンヘン』(図書館でもSEEDSでも)観てみては?かなり原作に忠実に映画化されているが、SpielbergとTony Kushnerによって書き加えられたのは対話シーンなのだが。
  
とにかく、アメリカの主流メディアからの情報だけでなく、複眼的に(って言葉は難しすぎるかな?)視て、色々な立場の人たちのことを考えてほしいなぁ。長くなってすみません。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array