TOP > 管理栄養学科 > 大神田 丈二(Okanda’s Office) > 談社文芸文庫を救出する会85ー『レキシントンの幽霊』、『愛と苦悩の手紙』

プロフィール
専門は英米文学です。とくに20世紀の小説作品を研究しています。担当している科目は、文学、英語です。好きなことは、読書、オートバイツーリング、カメラ(デジタルカメラ、銀塩カメラ)、音楽鑑賞(クラシック、英米のロック、アイルランドの民俗音楽etc.)などです。研究室は40号館4Fにあります。気軽に遊びに来てください。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201711  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

トラックバック


談社文芸文庫を救出する会85ー『レキシントンの幽霊』、『愛と苦悩の手紙』

2008.09.26 22:41 | 講談社文芸文庫を救出する会

 洗濯機が故障したので、ここ何週間かコインランドリーを利用している。初めてコインランドリーというものを知ったのは一ヶ月ほど下宿生活をしたロンドンで、若い男性が洗濯物ばかりか自分の着ていた服まで洗濯槽に投げ込み、半裸で洗濯が終わるのを待っていたのには驚いた。いや、驚いたというよりも、合理的だと思った。ついでにシャワーがあれば完璧だったろう。
 コインランドリーで洗濯や乾燥が終わるのを待っている人はほとんどいない。家が近くの人は家に帰ってしまうのだろうし、そうでなければ、買い物をしたり、どこかで時間つぶしをしているのだろう。煌々と明るい無人のコインランドリーの中で洗濯機や乾燥機が回転しているというのは、現代の代表的都市風景の一つといえよう。米国の画家エドワード・ホッパーの描く都市の風景だ。
 ぼくの場合は、やはりどこかで時間をつぶしたり、小説を持っていって読んでいたり、コインランドリーに残るか一時的に去るかは半々である。この日は読みかけの漱石の『門』を携えていき、洗濯機の回転する音を聞きながら一人静かに読もうと思っていたが、財布の中身を調べてみたら何と千円札が1枚しか入っていない。これでは洗濯はできるが乾燥には足りない。仕方なく、読書は諦めて、近くのコンビニのATMにお金をおろしに行った。
 お金をおろした後すぐコインランドリーにもどらずに古本のチェーン店に立ち寄った。時間つぶしだったので買う気はなかったのだが、太宰治『愛と苦悩の手紙』(亀井勝一郎編。角川文庫)、村上春樹『レキシントンの幽霊』(文春文庫)、宮本輝『蛍川』(角川文庫)の3冊を買う。太宰の書簡には、甲府や御坂から出したものがかなり収録されている。村上春樹を買うのは久しぶりだ。宮本輝は後期の文学の講義で使うためである。
 コインランドリーにもどると相変わらず無人である。洗濯が終わっていたので乾燥機に移そうと思ったが、乾燥機はすべてふさがっていた。すでに回転の止まっているものがあったけれども、乾いた衣類が持ち主の引き取りに来るのを待っている。まあ、すぐに開くだろうと『門』を開いて読み始めたが、外を通り過ぎる人は、明るいコインランドリーの中で一人背中を丸めて本を読んでいるぼくを見て、何を思っただろうか。

コメント
おっしゃる通りですね。お金の前借は悪いと子供のころ教わりましたが、時間の方はかなり先まで借りてしまってるのが悲しいです。
投稿者:いとう: at 2008/09/29 16:51
 たしかにメールで洗濯や乾燥の終了を知らせてもらえればありがたいですね。でも、この場合、無駄な時間も楽しいし、貴重です。スケジュールが秒刻み、分刻みのような人生は楽しいはずがありません。待たされることもまたよしです。
投稿者:okanda: at 2008/09/28 12:13
乾燥機は時間がかかりますね。止まったらケータイにメールでもしてくれるサービスがあったら今風で便利だと思うのですが。
投稿者:いとう: at 2008/09/27 08:36

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array