TOP > 管理栄養学科 > 大神田 丈二(Okanda’s Office)

プロフィール
専門は英米文学です。とくに20世紀の小説作品を研究しています。担当している科目は、文学、英語です。好きなことは、読書、オートバイツーリング、カメラ(デジタルカメラ、銀塩カメラ)、音楽鑑賞(クラシック、英米のロック、アイルランドの民俗音楽etc.)などです。研究室は40号館4Fにあります。気軽に遊びに来てください。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 20091 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

トラックバック


唐木順三『朴の花』、藤森栄一『古道』、美濃部美津子『三人噺』

2009.01.30 03:08 | Books

唐木順三『朴の花ー人生を考える』(講談社学術文庫)
藤森栄一『古道』(講談社学術文庫)
リービ英雄『千々にくだけて』(講談社文庫)
色川武大『離婚』(文春文庫)
美濃部美津子『三人噺ー志ん生・馬生・志ん朝』(文春文庫)

 新聞がジョン・アップダイクの訃報を伝えていた。1970年ごろだったと思うが、通っていた大学の近くの古本屋でアップダイクの短篇集を開くと、最初の短篇の冒頭に、女子学生の髪からにおうシャンプー...

[ more... ]

ビーチャム「日没の歌 ディーリアス管弦楽集」

2009.01.16 03:27 | CDs

 トマス・ビーチャム指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の「日没の歌 ディーリアス管弦楽集」2枚組みCDが定価の半額以下で古本屋の棚に出ていたので購入した。早速iPodに入れて、学研の「大人の科学」真空管アンプに繋げた小さなスピーカーで聴いている。1曲目交響詩「丘を越えて遥かに」はほんとうに久しぶりに聴くが、英国のなだらかな、どちらかといえば単調な、緑の丘がどこまでも続く風景を想起させる曲想がな...

[ more... ]

柳田国男『木綿以前の事』、宮本常一『家郷の訓』、山川菊栄『わが住む村...

2009.01.10 11:47 | Books

柳田国男『木綿以前の事』(岩波文庫)
宮本常一『家郷の訓』(岩波文庫)
山川菊栄『わが住む村』(岩波文庫)
山川菊栄『武家の女性』(岩波文庫)
二葉亭四迷『其面影』(岩波文庫)
長与善郎『竹沢先生という人』(岩波文庫)
トルクァート・タッソ『愛神の戯れ』(岩波文庫)
岡田譲・奥平英雄共編『日本美術図録』(現代教養文庫)

 先年母親が亡くなったとき、告別式で次のような内容の挨拶をした。

 フランスの小説家フローベール...

[ more... ]

ショーペンハウアー『幸福について』、マルグリット・デュラス『愛』

2009.01.09 11:37 | Books

ショーペンハウアー『幸福についてー人生論ー』(新潮社)
マルグリット・デュラス『愛』(河出文庫)
「TITLE 新・写真道楽!」(Bungeishunju, Apr. 2007)

 高校一年のとき中央公論の世界の名著『ニーチェ』を読んだことがきっかけになり、哲学書や思想書に夢中になった。『ニーチェ』は世界の名著の第1回配本で、刊行されたのはたぶんぼくが中学2年生のころではないかと思う。というのも、中学3...

[ more... ]

横光利一『欧州紀行』、長谷川如是閑『倫敦!倫敦?』、松原岩五郎『最暗...

2009.01.05 23:47 | Books

横光利一『欧州紀行』(講談社文芸文庫)
吉田煕生『評伝中原中也』(講談社文芸文庫)
松原岩五郎『最暗黒の東京』(岩波文庫)
長谷川如是閑『倫敦!倫敦?』(岩波文庫)
永井荷風『おかめ笹』(岩波文庫)
車谷長吉『忌中』(文春文庫)
車谷長吉『金輪際』(文春文庫)
車谷長吉『武蔵丸』(新潮文庫)
町田康『屈辱ポンチ』(文春文庫)
津島祐子『火の山ー山猿記』下(講談社文庫)

 古本屋に入ってすぐ「これから7時までの間タイム...

[ more... ]

川本三郎『荷風好日』、『ちょっとそこまで』

2009.01.03 13:32 | Books

川本三郎『荷風好日』(岩波現代文庫)
川本三郎『ちょっとそこまで』(講談社文庫)
『戦後短篇小説再発見8ー歴史の証言』(講談社文芸文庫)
別役実『もののけづくし』(ハヤカワ文庫)
『黒岩涙香集ー明治探偵冒険小説集I』(ちくま文庫)
イタロ・カルヴィーノ『見えない都市』(米川良夫訳、河出文庫)

 理想の旅は「ちょっとそこまで」といって地球の裏側まで行ってしまうような旅だ。手荷物とえいば、小さなボストンバック1つ...

[ more... ]

柴田宵曲『妖異博物館』、『続妖異博物館』

2009.01.03 04:10 | Books

柴田宵曲『妖異博物館』(ちくま文庫)
柴田宵曲『続妖異博物館』(同文庫)
上田秋成『雨月物語・春雨物語』(円地文子訳、河出文庫)

 家人が好きだろうと思ったので購入した。もちろん、自分でも読みたいから買ったので、プレゼントでもあるけれども、プレゼントというわけではない。あなたは自分の好きなもの、欲しいものしかプレゼントしないと家人から皮肉られたが、自分の好まないものを人にあげようとは思わない。むろん相手...

[ more... ]

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array