TOP > 学生サービス > 学びの教室 ~授業レポート~ > 「国際法律問題の取り組みについて、自分で解決する糸口を見出そう」

「国際法律問題の取り組みについて、自分で解決する糸口を見出そう」

2010.12.16 12:02 | 授業レポート | 投稿者:K.K

  今回の授業レポートは、国際的な法律に関する諸問題に対して様々な角度から学ぶことができる「国際私法」の授業にスポットをあてます。「国際私法」というと聞きなれない感じですが、これから国際社会で活躍しようとしている若者にとっては必要不可欠な知識であると思います。そんな難しいテーマを学生にわかりやすく事例にそって解説していく「国際私法のスペシャリスト」が今回ご紹介の先生です。

  

  先生の講義では、国際私法の構造について出来る限り平易な解説を心がけており、その言葉どおり、大変わかりやすい講義でした。「夫婦財産制度が別産性、共有制と国によって違うけど、離婚したとき問題がでやすいのが共有制で代表的なのはフランス。だからフランスは法律上の婚姻に縛られない形が多いのよね。」など・・先生は、難しい法律用語を学生にポイントが分かりやすく語りかけるように説明していました。

 

  また、説明の途中では「この国際私法で取り上げるテーマは民法、特に親族・相続に密接に関係しています。六法は必ず持参してください。」など丁寧に指示する場面もありました。「語りかけ」と「ポイント説明」、先生の授業は二つのテンポ良いリズムで進められているので、学生たちも集中して聞くことが出来るといった授業でした。

  

  さらに先生は「皆さんには国際的な問題により関心をもってもらいたいと思います。この授業ではこれからの国際社会で生きていき、自分を守るために必要な知識として身に付くはずです。」

  国際化が進む現代社会ではグローバルな視野を持った人材が必要となります。「国際私法」は国際社会で活躍したい、そんなあなたが学びたい授業です。

 

【学生におたずねします!】

3年生➡「ゼミでも国際関係の科目を勉強しています。私は入学した時から将来は貿易会社や商社など国際取引が主となる仕事につきたいと考えていました。その場合この授業で学ぶ「国際私法」は自分自身の知識が増え、就職活動にとても有利になると考えています。」

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array