TOP > 法学科 > 鈴木 優典 > (注意・16年の山行です!)遠い遠いトムラウシ山(8)

法学科

鈴木 優典

プロフィール
刑法担当。趣味は山歩きと写真。着任して以来増加の一途をたどった体重をさすがに気にして目下ダイエット中…だけど,増えたり減ったりが続く日々。少し減ったおかげで一時着られなくなったスーツが着られるようになったり…やっぱり,酒を慎んで,運動しろってことで^^;
ブログ・テーマ
雑談をちょいちょい,勉強の話はちょっとだけ。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201709  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント

トラックバック


(注意・16年の山行です!)遠い遠いトムラウシ山(8)

2017.06.25 15:03 | 日々々々山を想う | 投稿者:鈴木優典

(7)から続く

 

 というわけで,ザックを下ろし,レイングローブを外して,カッパを脱ぎ,フロントで手続きをして部屋に案内してもらいます。10畳の立派な和室に案内してもらいました。カッパで直接濡れてはいないものの,湿り切ってしかたがないのでまず着替えました。

 脱いだものは……というと,すっかり湿っていますので,1階の隅にあるランドリーコーナーの洗濯機に放り込みます。なぜ,洗濯機?と思うかもしれませんが,登山者向けの宿で洗濯機&乾燥機は割と普通です。乾燥室がある宿もあります(後日,書くことになるかもしれませんが尾瀬沼の尾瀬沼ヒュッテには洗濯機はなかったものの乾燥室は完備でした)。

 東大雪荘の探索ではないですが,わざと階段で下りていくと2階に大部屋がありました。宿泊客が雑魚寝する部屋です。団体客だったり,部屋がいっぱいの時はここを使うのでしょう。ただ,今日は真っ暗で使われていませんでした。

 

 洗濯機から戻って,今度は夕食です。尾西の白飯(アルファ米)とアマノの麻婆茄子(フリーズドライ食品)です。アルファ米は残念ながら単体では美味しいとは言えませんが,カレーなどで味がつけばふつうにOKです。アマノのフリーズドライ食品はすごくおいしいです(グリーンカリーが美味しかったのに終売という。復活させてください!)。

 

 ご飯を終わって,携帯を見てみると姉から電話が入っているのに気づいたので,何事かと電話。電話をかけてみれば「父さんと母さんが心配しているから電話してやれ」と。明日迎えに来てくれと新得駅~東大雪荘の途中にある屈足(くったり)温泉に来てもらっています。天気も天気なので心配しているのはやむを得ないですが,2泊3日になるかもしれないといってきたので過保護ではないかと思います。

 そうはいっても明日の打ち合わせもしなければならないので,そんなので父に電話をかけてみれば「バスで新得駅まで来い」と。あれ?トムラウシ温泉~新得駅のバスは数日前に終わってしまっていたと思ったら,まだ走っていました。新得駅からは旭川駅にでて,そこからバスで層雲峡温泉まで戻るのですが,汽車(ディーゼルなので)と都市間交通バスとどっちにしたものか……。汽車が不便なのはわかっているので,都市間交通バスにすることにします。

 とりあえず,新得駅で落ち合うことにして電話を切りました。

 

 洗濯機が止まっているはずなので,1階に下りたときにフロントで確認をとってみると確かにバスはまだ走っている模様。親に面倒をかけるのも本意ではないので予定通りバスで駅に向かいましょう。洗濯機は止まっていたので,乾燥機に放り込みます。そして,今度はカッパとザックのレインカバーを洗濯機を洗濯です。

 

 洗濯物が片付くまでしばらくかかるので,今度はお風呂です。広い内風呂と広い露天風呂がありますが,さすがに大雨だったため,内風呂で温まって終わりです。多少のマッサージはしましたが,ほんの少しです。筋肉痛の発生原因を考えるとほぐして血行を良くすることも意味がありますが,アミノ酸を摂取して筋肉の修復を促進した方が有効です。

 

 お風呂から上がって,乾燥機から洗濯物を回収し,カッパやレインカバーを乾燥機に放り込んで,自動販売機でビールを1本買って部屋に戻って感想戦をしました。

 

 予定通りの時間にはならなかった等々反省点は多数あるものの,1泊2日の強行軍の中,無事下山できたので満足のいく山行だったかなぁ…と。あとは景色が楽しめなかったので,いつかもう一度来たいなぁ……ということです。

 

 感想戦をやっていたら,23時を回って(といっても到着から3時間しか経っていませんが)いたので,乾燥機のカッパとレインカバーを回収して,布団を敷いてお休みの時間。疲れているのでぐっすりです。泊めてもらえなければテントに打ち付ける激しい雨音の中でしめったシュラフで寝なければならないところ,広々とした畳の部屋でふかふかの布団で寝られるのは東大雪荘様様です。

 

(おやすみなさい)

 

(おはようございます)

 

 目が覚めたのは5:30です。あれだけクタクタだったのにです。でもまあ,前日,忠別岳避難小屋で起きたのは4時頃ですから,5:30でも寝坊です。どうやらアミノ酸が十分効いているようで足を曲げるにも難渋するような筋肉痛もなく快調です。そこで起き抜けですが,まずは風呂です。幸い雨はほとんど止んでいたので今度は露天風呂に入れます。

 気にならないくらいの小雨は降っていますが,かえって長風呂向きです。眼下に昨日,橋を渡ってきたユウトムラウシ川を眺めながらのんびりです。雨は小雨になっていますが,川は相変わらずゴウゴウと音を立てながら流れていました。

 

 風呂から上がったら今度は朝食です。7:00からオープンですが一番乗りです。というのは新得町駅行のバスが8:45ということで寝坊して朝風呂につかって,遅い目の食事……とのんびりしているわけにもいきません。バイキング形式でしたが,お腹が減っていることもありますが,とにかく美味しいのでいっぱいおかわりです。野菜(十勝・富良野ですから!)&蕎麦(新得ですから!)が美味いです。

 

 お腹いっぱいになったところで,荷物を整理して身支度を整えて8:00くらい。フロントでチェックアウトしてバスを待ちます。8:20にバスが到着,宿の方にお礼をいってバスに向かいます。

 

 

 バスが来ました。出発は8:45ですからしばらく時間があります。

 

 

 ユウトムラウシ川。水はきれいですが水量はかなり多いです。

 

 

 東大雪荘!短い時間ですがお世話になりました!

 

 ちなみに,バスの乗員は2名でした。

 

 

 

…………運転手さんと僕の2名です。

 聞いてみたところ,夏の期間限定の「路線バス」扱いなので予約のお客さんがいなくても,必ず走らなければならないのです。運転手さん&拓北バスさん……お疲れ様です。

 新得駅まで2000円です。57kmあることや毎日毎日たくさん乗客がいるわけではないことを考えればなるほどです。僕としては駅まで連れて行ってくれる唯一の足なのでありがたい限りです。

 

 新得駅についたところで,両親と合流……クルマを置いてある層雲峡まで旭川まわりで行く予定なので……都市間高速バスのバス停がある新得町公民館まで送ってもらいます。クルマで5分ばかり移動して両親と別れます。バスの時間まではすごくあったので新得駅から歩けない距離ではありませんでした……なんのために新得まで来てもらったのやら(網走から片道200km/3.5時間)。

 

 (9)に続く……たぶん,まとめを入れて(11)になると思います。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array