TOP > 法学科 > 鈴木 優典 > (大菩薩嶺)いつものように大菩薩

法学科

鈴木 優典

プロフィール
刑法担当。趣味は山歩きと写真。着任して以来増加の一途をたどった体重をさすがに気にして目下ダイエット中…だけど,増えたり減ったりが続く日々。少し減ったおかげで一時着られなくなったスーツが着られるようになったり…やっぱり,酒を慎んで,運動しろってことで^^;
ブログ・テーマ
雑談をちょいちょい,勉強の話はちょっとだけ。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201705  
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

コメント

トラックバック


(大菩薩嶺)いつものように大菩薩

2013.05.01 15:17 | 山梨を楽しむ―観光編 | 投稿者:鈴木 優典

総距離9.7km/累積標高±810m/時間3:18

上日川峠(第2駐車場)→福ちゃん荘→雷岩→大菩薩嶺(2056m)→雷岩→神部岩→賽ノ河原

→親不知ノ頭→大菩薩峠→熊沢山→石丸峠→小屋平→上日川峠→第2駐車場

 

 

4月13日に大菩薩嶺にいってきた。もちろん,何の変哲も無い大菩薩嶺なのだが,ちょうど前日に,上日川峠に入る県道が規制解除になったので,大着して上日川峠(1580m)からの登山とあいなった。

 

といっても,いわゆる三角コース(上記,青線)ではつまらないので,唐松尾根を直登して,石丸峠に抜けて下りてくるコースを選ぶことにした。もう10回以上登っている山だし,どのルートも歩いてはいるが,唐松尾根の直登は,実は今回が初めてだったりする。

 

というわけで,9時過ぎに準備を整えて出発…どちらから上日川峠に入ろうか迷ったが,のんびりコースで甲斐大和側から入ることにする。

 

さて,上日川峠に着いてみると…なんと!駐車場がいっぱいで止める場所がない!

前日に県道が開通になったばかりだし,雪もなくなってお手軽登山には気持ちの良い季節であることも手伝って,県内外からクルマで登りに来ていたのだ。これは去年のGWぶり。

 

しかたがないので,第2駐車場にまわる。こちらは,かなり空いている。

 

お約束のロッヂ長兵衛(上日川峠)。

時間が比較的遅いということもあるがクルマはたくさんあるが,人はあまりいなかった。

でも,10:30なので頂上まで登ればちょうどお昼くらいになる。

 

ロッヂ長兵衛から福ちゃん荘までの登山道…実は,下ったことは何度もあるが,登ったのは初めてだったりする。上日川峠から歩くときも車道ばかりで…んー。

 

これまた,お約束の福ちゃん荘。ここの駐車場もいっぱいだった。

上日川峠で駐車せず,福ちゃん荘まではいってくる人もちらほら…上日川峠で2台目撃した。

しかし,車道をぶらぶら歩いている登山客もいるなかで,あのあまり広くない車道をクルマで上がってくるのはちょっと大変じゃないだろうか?

 

唐松尾根を頂上に向かって直登するコース。下ってきたことは何度もあるが,登るのは初めて。

福ちゃん荘を見下ろす構図はこの山ではいつもラストに近いのだが,今回はこれから。

 

下って急だと思ってたけど…登ってもやっぱり急。

 

日陰にはまだ霜柱。

 

振り返れば,ヤツがいた!

 

とか何とかやりながら,雷岩(2040m)到着。ここまで約1時間。

意外とあっけない。

が,+460m/hなのでいつものペースか,ちょっと遅いくらい。

 

ここから樹林帯にはいって,頂上まで歩く。

ちょっと氷っているが,歩くには支障がないていど。

 

お約束の山梨百名山/大菩薩嶺の標柱。

もちろん,頂上に景色はない(いつものことです)。

 

標柱の横には三角点…べっ,べつに三角点マニアじゃないんだからねっ!

 

頂上は長居するところではないので,早々に退散。

雷岩に戻ってきた…が,なんとすばらしい景色だろう。

南アルプス方面がくっきり,白嶺三山もよく見えるし,塩山の街,甲府盆地も一望できる。

ちなみに,中段辺りに右(北)から左(南)に伸びている尾根の先端が,大蔵経寺山。

石和温泉駅の北側にある山だ。

なんとなく,峡中と峡東を分かつラインになっている。

 

富士山方面ももちろんきれい。

大菩薩湖(上日川ダムのダム湖)のまっすぐなラインがちょっと気に食わない。

 

ちょうどお昼なので,昼ご飯。今日は尾西食品の炊き込みおこわ…ちょっと味が薄い。

いまのところ,お手軽山ご飯では尾西の白飯&アマノのグリーンカレーが最強か。

 

いつまでものんびり景色を楽しんでいたいが,そうもいかないので,下山開始。

振り返ってみれば,いつのまにか2000m地点(神部岩)が高い。

 

賽ノ河原(旧大菩薩峠)さん,こんにちは。

広々していることもあり,ご飯を食べている人がかなりいた…ここで食べるなら100m先の親不知ノ頭の方が景色がいいような。ま,いろいろだ。

 

親不知ノ頭…登山道方面を撮影したので,こうなっているが,景色は抜群にいい。

 

金峰山(2595m)もよく見える。

先月登った時点で既にかなり少なかったが,やはり今年は雪が少なそう。

 

親不知ノ頭の岩場から大菩薩峠・介山荘を見下ろす。

いつ見てもこの構図は山らしいなあと思う。

 

というわけで,大菩薩峠(1890m)に到着。

昼食の時間も含めて,ここまでで2時間也。

ちなみに,お客さんで賑わっていた。

やっぱり,大菩薩峠だ。

 

大菩薩峠から上日川峠に下ることもできるが,それじゃつまらないので,熊沢山方面にいく。

ここからはぐっと人が少なくなる。ついでに樹林帯なので,結構氷っている。

 

熊沢山(1978m)を抜けて,眼下に石丸峠(1910m)を望む。

この笹原…,笹原にまばらに木が生える天狗棚山から小金沢山の山並みを見るために,わざわざ遠回りしたのだ。

ちなみに,中央右上奥の山は雁ヶ原摺山(1874m)…いまの学生にはわからないが500円札の富士山の景色はこの山から撮影したものだ。

 

石丸峠に下りてきて振り返れば,やっぱり笹原!

 

下り方面も笹の原!(すぐに樹林帯に入るけど)

 

石丸峠から小屋平への登山道は明るい感じが気持ちいい。

 

いったん,県道にでる。ここが小屋平。

 

で,小屋平を下って,小川を徒渉する。

結構,水量はあるし,足場になりそうな石があまり無いのが困りもの。

 

石丸峠から下りの続きのような…いや,続きの針葉樹林帯の中を歩いていくと…

 

はい,戻ってきました。ロッヂ長兵衛(上日川峠)。

 

あと,200m歩いて第2駐車場。これにて終了。

あっ,クルマの数が増えている。

 

この日の大菩薩嶺登山はいつもと同じ部分もあり,いつもと違う部分もありだった。

上日川峠からのコースということで,ちょっと楽すぎるキライはあるが,3時間ちょっとでこれだけ,山のムードであったり,景色であったりを楽しめるコースというはそうそうない。さすがは大菩薩嶺である。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array