TOP > 法学科 > 法学科ブログ > 法学科1年 名取 鳳雅(ふうが)君

法学科

法学科ブログ

ブログ・テーマ
山梨学院大学法学部法学科から、 講義やゼミ、学生の活躍など 幅広い情報を発信中。

RSSを表示する

カレンダー

« 201812  
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

法学科1年 名取 鳳雅(ふうが)君

2018.07.19 13:20 | 頑張るYGU法学科生(在学生編) | 投稿者:法学科 ブログ担当

頑張るYGU法学科生(在学生編)第59回は

プロキックボクサーとして活躍中の

法学科1年 名取鳳雅(なとり ふうが)君です。

 

 

Q1 7月1日に山梨で行われた試合で、勝たれたそうで、おめでとうございます。

まずはキックボクシングの醍醐味などを教えてください。

 

  ありがとうございます。応援のおかげで、1R KO勝ちをすることができました。キックボクシングの醍醐味は、パンチ、キック、ひじ、ひざなどで相手を倒したときの気持ちよさです。

 

Q2 そもそもキックボクシングを始めたのは、いつ頃でなぜですか。

 

 8歳の小学校3年生です。最初空手を習っていたのですが、半年後キックボクシングジムに見学に行き、そのすごさに圧倒され転向を決めました。

 

Q3 趣味で続けるという選択肢もある中で、あえてプロを目指したしたのはなぜですか。またプロになるにはどのようにしたらよいのですか。

 

 始めた時からプロでベルトを巻くという夢があったからです。

プロになるには、まずプロ試験を受けなければなりません。試験は、筆記、実技(攻撃、防御、体力)で審査され、合否が決まります。

 

Q4 プロならではの大変さや楽しさを教えてください。

 

  アマチュアと違い、練習内容や減量です。とても過酷な練習と減量が終わって勝った時の嬉しさです。

 

Q5 今後の目標を教えてください。

 

 タイトルを取りたいです。中学校1年生の時にアマチュア日本王者になり、ベルトを巻いたので、プロでもチャンピオンになりベルトを巻きたいです。

 

Q6 大学との両立について、工夫や意気込みなどを教えてください。

 

  勉強もしっかりし、キックボクシングにもより力を入れていきたいです。まずは単位を落とさないよう頑張ります(笑)。みなさん、今後も応援の方、よろしくお願いいたします。

 

  名取君、法学科ブログへのご協力

ありがとうございました。

今後もプロキックボクサーと学生との両立

しっかり頑張っていってください。

                    応援しています!!

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array