TOP > 法学科 > 法学科ブログ > 法学科3年 鈴木 理奈 さん

法学科

法学科ブログ

ブログ・テーマ
山梨学院大学法学部法学科から、 講義やゼミ、学生の活躍など 幅広い情報を発信中。

RSSを表示する

カレンダー

« 201712  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

法学科3年 鈴木 理奈 さん

2017.09.28 19:30 | 頑張るYGU法学科生(在学生編) | 投稿者:ブログ担当

後期が始まりましたが、みなさん夏休みはどのように過ごしましたか。

頑張るYGU法学科生(在学生編)第48回は、警察官を目指してゼミの仲間たちと犯罪被害者支援のボランティア活動に取り組みながら、硬式野球部のマネージャーも務めている3年生の鈴木さんを紹介します。

Q1「鈴木さんはなぜ警察官を志望しているのですか。」

 私が高校生のときに、当時、担任だった先生から勧められたことがきっかけです。それから警察官を意識するようになりました。ニュースを見る中でも、女性や子ども、お年寄りといった弱い立場の人々が被害者となっている事件を耳にするたびに、自分が助けたいという思いが強まっていきました。また私は幼い頃から空手を習っていたので自分の特徴を活かせるのではないかと思いました。そうしたことから、私の中で警察官になりたいという意思が固まりました。

Q2「犯罪被害者支援ボランティア活動をすることになったきっかけ・理由はなんですか。」

 私が所属している三神先生のゼミがきっかけです。ゼミの講義の際に、山梨県警の被害者支援室の方が来られて“犯罪被害者支援ボランティア”の話をしていただきました。そこで初めてこのボランティアの存在を知りました。警察官を目指すにあたって、自分の警察官になりたいという意志だけではなく、被害者側も知っておく必要があると思ったからです。警察官になったら事件の被害者と向き合うことが多くなるはずです。そのためには、様々な立場の人の気持ちを考えられる人になる必要があると思いました。このボランティアは、警察官になってから活かされるだけではなく、人としても成長できるいい経験だと思い、ボランティアの参加を決めました。

Q3「犯罪被害者支援のボランティア活動をやってみて、どうですか。やりがいや大変なことなどを教えてください。」

 私が最近参加させてもらったボランティア活動は、「生命のメッセージ展」というものです。この展示会は、事件や事故で亡くなられた方々をメッセンジャーという本人の等身大パネルに本人の写真や事件・事故の概要、本人が履いていた靴を展示したものです。ボランティア活動としては、その会場の準備や来場者の案内、オープニングセレモニーの補助です。その他にも、講演会にも参加させてもらい、実際の被害者の方が講師として来ていただき、被害者の方の生の声を聞きました。

 このボランティア活動では、こういった被害者の方を講師とした講演会を聞く機会が多くあります。講演中に講師の方が涙することは少なくありません。そういった涙や事件の詳細、遺族の思いを聞くと、正直胸が痛くなります。しかし遺族の方は、大切な人の死と向き合い、そこから強く生きる術を見つけています。講演を通して命の大切さはもちろん、自分の身近にいる人の尊さやありがたさを実感させられています。

Q4「ところで鈴木さんは硬式野球部のマネージャーとして活動されていますが、強化指定の運動部のマネージャーをやってみて、どうですか。やりがいや大変なことなどを教えてください。」

 毎日とても充実しています。今までマネージャー業として、大会運営やアナウンス、接待や書類作成など、多くの事務作業を行ってきました。部員120人を超える大きな組織の中で、最初は女子1人で戸惑いもありましたが、今では私もチームの一員として、リーグ優勝、神宮大会を目標に日々部員と共に邁進しています。毎日の練習や試合を通して、部員と接していく中で学ぶことは多く、その部員の考えや気持ちを聞いていると、チームのことがもっと好きになって、もっとチームの力になりたいという気持ちがうまれ、それが私自身を動かす原動力になっています。選手から頼られたり、「ありがとう」の言葉をかけられたりすると頑張ってよかったなと思いますし、やりがいを感じます。練習時間は長く、日々パソコンでの事務作業や、運転など大変なことは多くありますが、純粋に野球が好きで、毎日の練習を見ているからこそ応援したくなるのでマネージャーの仕事が苦痛に感じたことは一度もありません。むしろこの野球部のマネージャーとしていれることに幸せを感じています。

Q5「硬式野球部のマネージャーも大変だと思いますが、大学の授業や公務員試験対策等の勉強と部活動はどのように両立していますか。」

 勉強は、大学の授業の空き時間や部活が終わり帰宅して寝る前など、自分で時間を見つけて行っています。大学の先生やゼミの先輩方、部活の先輩方や校内で行われた官庁合同説明会などで勉強方法を教えていただき、その教えを参考に取り組んでいます。部活に所属していると、1日が大学の授業と部活で終わってしまいます。その中でもいかに自分で時間を見つけて勉強を行うかが大切だと思います。と言いましても、私自身完璧ではないので無理のないように行っています。

Q6「最後にこれからの抱負を教えてください。」

 来年はいよいよ4年生となり、勉強も部活も終盤を迎えます。応援してくれている人や支えてくれている人のためにも、自分の意思を強く持ち、目標達成することで私なりの恩返しができるように努力していきます。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array