TOP > 法学科 > 片田 興 > 坂本龍馬と北光社の関係

法学科

片田 興

プロフィール
 みなさんこんにちは。
 私は山梨学院大学で財政学等を担当しています。本ブログでは、皆さんに様々な情報をお届けしたいと思っています。どうぞ、宜しくお願いいたします。
ブログ・テーマ
 このブログでは授業に関することはもちろんのこと、公務員試験関連の情報、推薦図書の情報、さらには、私の趣味でもあります音楽や旅に関する情報もお届けします。

RSSを表示する

カレンダー

« 201806  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント

トラックバック


坂本龍馬と北光社の関係

2018.05.20 10:13 | 故郷の話題 | 投稿者:片田興

 皆さんこんにちは。お久しぶりです。今回のブログは、前回の続きで、坂本龍馬と北光社との関係をご紹介したいと思います。

 坂本龍馬は生前、北海道の開拓に意欲をみせていたそうで、当時のロシアとの交易も念頭に置いたいたようです。しかし、皆さんご存知の通り、その夢は実現しませんでした。ところが、坂本家はその後、龍馬の甥の直、そして直寛の時に、いよいよ北海道の開拓、そして北海道への移住を実現させます。その中心人物が、北見開拓の「北光社」を立ち上げた、坂本家5代目の坂本直寛氏です。

 その後、直寛は北見を離れますが、北海道の地で坂本家は続いているそうです。ちなみに、8代目の坂本直行氏の手による、六花亭の花柄包装紙は大変有名ですね。また、「六花の森」には坂本直行記念館もあるようです。

 今年の4月には、高知にあります「坂本龍馬記念館」が新館建設を含めリニューアルオープンしました。また、高知では現在、「幕末維新博」が開催されています。
 もし、歴史のひとこまに興味と関心がありましたら、是非、夏休み期間中に時間の余裕をもって、高知や北海道に行ってみるのも良いと思います。

 そして、ただ観光するだけではなく、自分の出身地も含めて、訪れた地域の様々な成り立ち、現状、そして課題や将来展望などをじっくりと、時間の余裕をもって考えてみるのも良いと思います。近年、あまり聞かなくなりましたが、「地域活性化」・「地域経営」のあり方などを考えることが再び重要な時代になってくると思います。埋もれている多くの歴史の事実に学び、困難を紐解くフィールドワークも踏まえ、次なる歴史を創り上げていきたいものですね。

 より詳しい内容につきましては、以下のアドレスを参照してください。どのサイトも貴重な情報満載です。


高知県立坂本龍馬記念館 https://ryoma-kinenkan.jp/

北海道  坂本龍馬記念館 http://www.ryoma1115.com/hokkaido/3.html

高知 幕末維新博      http://bakumatsu-ishinhaku.com/

六花の森           http://rokkatei.co.jp/facilities/index2.html


 それでは次回のブログをお楽しみに。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array