TOP > 法学科 > 片田 興 > ジョン・コルトレーン(Ascension)Impuls

法学科

片田 興

プロフィール
 みなさんこんにちは。
 私は山梨学院大学で財政学等を担当しています。本ブログでは、皆さんに様々な情報をお届けしたいと思っています。どうぞ、宜しくお願いいたします。
ブログ・テーマ
 このブログでは授業に関することはもちろんのこと、公務員試験関連の情報、推薦図書の情報、さらには、私の趣味でもあります音楽や旅に関する情報もお届けします。

RSSを表示する

カレンダー

« 201812  
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

コメント

トラックバック


ジョン・コルトレーン(Ascension)Impuls

2018.01.22 12:38 | ジョン・コルトレーン | 投稿者:片田興

 皆さんこんにちは。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。今日は夕方から山梨でも大雪となる予報が出ています。皆さんお気をつけください。

 さて、新年第一回目のブログは、ジョン・コルトレーンのアルバム(CD)Ascension (1965年6月録音)のご紹介です。白色のアルバムジャケットには、なかなかにして端正な身のこなしのジョン・コルトレーンが椅子に座り、前方を見つめている写真が写っています。格好良いアルバムジャケットです。

 このアルバムジャケットからジャケ買いした方々は、楽しみにしつつ家に帰ってスピーカーから出てくるその音を聴いたとき、それは大変な状況に陥ったことでしょう。あのダチョウ倶楽部も然り、「きいてないよ~」といったところでしょう。勿論、私も、その一人ですから、証人のようなものですね。

 いよいよ、ジョン・コルトレーンの魂が炸裂する時期となっていきます。この時期の演奏について、ものの本には、ジョン・コルトレーンの演奏は「巨像の雄たけびのよう」などと記されていたとか。1曲40分の演奏が2曲(EdititonⅠ・Ⅱ)です。
 のちに、力強いテナーの音色を発揮するファラオ・サンダースも本セッションに参加しています。
 それから、トランペットのフレディー・ハバードが元気いっぱいです。

 ということで、本アルバム(CD)での演奏は、1950年代のジョン・コルトレーンとは違います。また、1960年代初めの「バラード・歌もの3部作」とも違います。もちろん、「至上の愛」とも違います。ひたすらセッションメンバーで吹きまくります。

 なかなかにして難解です。しかし、何事もチャレンジせずには何も始まりません。本シリーズは、いよいよ1965年以降の、いわゆる「後期コルトレーン」の紹介となっていきます。まだまだ続きますジョン・コルトレーン特集です。
 今後もご期待ください。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array