TOP > 法学科 > 片田 興 > ジョン・コルトレーン(Crescent)Impulse

法学科

片田 興

プロフィール
 みなさんこんにちは。
 私は山梨学院大学で財政学等を担当しています。本ブログでは、皆さんに様々な情報をお届けしたいと思っています。どうぞ、宜しくお願いいたします。
ブログ・テーマ
 このブログでは授業に関することはもちろんのこと、公務員試験関連の情報、推薦図書の情報、さらには、私の趣味でもあります音楽や旅に関する情報もお届けします。

RSSを表示する

カレンダー

« 201703  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

コメント

トラックバック


ジョン・コルトレーン(Crescent)Impulse

2017.02.13 20:17 | ジョン・コルトレーン | 投稿者:片田興

 皆さん今晩は。今回のブログもジョン・コルトレーン特集です。これまで、初期、中期のジョン・コルトレーンを紹介してきました。今回ご紹介するアルバム(CD)は、Impulse時代のアルバム(CD)の中でも大変おすすめの1枚です。そのアルバムは、Crescent(1964年4月・6月録音)です。

 御承知の通り、ジョン・コルトレーンは、1964年12月録音の「至上の愛」発表後、とりわけ、1965年6月に録音された「Ascension」以降、大変に難解なフリージャズの領域に進んでいきます。そういう意味では、ジョン・コルトレーンのアルバム(CD)を聴く際、私も含めて一般的なリスナーにとって、1965年という時期は、一つの転換期といえます。

 そうした転換期を踏まえ、ジョン・コルトレーンの演奏を聴く場合、今回ご紹介するアルバム(CD)は大変重要だといえます。静寂で、しかも、奥深い演奏に満ちているといえるのです。お勧めの曲は、2曲目のWise Oneです。もちろん、表題曲のCrescent、そして、Lonnies’Lamentも素晴らしいです。とにかく、Impulse時代のジョン・コルトレーンのアルバム(CD)で何を選択しようか、と迷ったときに、文句なしの1枚です。是非お聴きください。

 本ブログでは今後、アコースティクマイルス、アートペッパーなどのアルバム(CD)特集も予定しています。今後の本ブログをご期待ください。
 それでは、次回のブログをお楽しみに。

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array