TOP > コミュニティ(学外開放サイト) > Jewels of Yamanashi > Vol.12 町田 きららさん: カフェ・リールオーナー

コミュニティ(学外開放サイト)

Jewels of Yamanashi

プロフィール
Jewels of Yamanashi

連絡先:山梨学院メディア戦略室CoPa
     e-mail:copa@ygu.ac.jp
     〒400-8575
         甲府市酒折2-4-5
     tel:055-224-1645
ブログ・テーマ
山梨県は300年もの宝飾の歴史をもつ場所・・・ここに住まう人たちの中には原石が磨きをかけて輝く宝石になるように、たくさんの経験をもって自身の輝きを増してきたという人が多くいらっしゃいます。近所のスーパーで、畑で、レストランで・・・身近な場所で働くその人たちはそれぞれ人生の研磨を重ねて今そこにいるのです。そして、ひとりひとりが違う色、違うカタチ、違う輝きをもっています。なぜ、輝いているのか?〜そこにはなにか理由があるはずです。 Jewels of Yamanashiはそんな宝石のような輝きを携えた人たちを取り上げてご紹介する中で、皆さんの日々の暮らしをより楽しく、より充実したものにするヒントにしてもらいたいという願いをこめたサイトです。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201709  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント

トラックバック


Vol.12 町田 きららさん: カフェ・リールオーナー

2010.03.26 06:00 | 町田きららさん

この春、人生の“転機”を迎えたという方もいることでしょう。
でもそれが訪れるタイミングはひとそれぞれ。
想像さえしなかったような転機を迎えるという場合もあります。
今回ご紹介している町田きららさんの生活を一変させた転機とは↓↓↓

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

■マクロビオティック□

上のお子さんが高校を卒業しそれぞれの道へと歩き始めた頃、
町田さんは実父の死というストレスからひどい湿疹に悩まされた。

「全身に広がるんじゃないかって不安になったとき、食事を改善するしかないって思ったんです。」

当時長女が通っていた美容系の学校の必修科目の中に“マクロビオティック”があり、相談したところ、日本でも有数のマクロビオティックの料理学校リマクッキングスクールを紹介してもらった。

「9月が入学なのに6月に申し込んじゃいました!」

お肉料理が中心で、玄米などには興味がなかったという町田さんだが、
初めてマクロビオティック料理を食べたとき、その美味しさに衝撃を受けたそうだ。

「だんだん身体が動物性のものを求めなくなりました。」

途中少しお休みしたため1年の予定が1年半ほどかかったが、無事師範科を卒業した。

「今は穀物菜食中心の食生活ですが、たまには魚を食べたり、旅行に行ったときはその土地の食事を楽しんだりもしています。でも体調もいいのでもうやめられません(笑)」

風邪をひきやすい、いつもだるい、年中どこかがかゆいといった体調不良が食生活を改善してからは自然と解消していった。

また、食べものに関心を持つようになると同時に“環境”についても考えるようになった。

汚染された海で育った魚、抗生物質を大量使用した肉、飼料として大量の穀物を使うことが食糧問題に与える影響・・・現在の地球がおかれている深刻な状況について知り真摯に受け止めるようになったそうだ。

「環境のためにも少しずつでいいからみんなが動物性のものを食べる量を減らしてほしい!」

※画像は、カフェ・リールのキッチンの片隅にあったにんじんの葉。

次回は、
カフェ・リールがオープンしてからのことについてご紹介します。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array