TOP > 学生チャレンジ > Girls to Women! Project > Precious

学生チャレンジ

Girls to Women! Project

プロフィール
Girls to Women! ProjectはGirls=「女子学生」をWomen=「大人の女性」に磨き上げる為に、各界でご活躍中の講師の方々のご指導の下でLessonを受け、その「出会い」によりGirlsが変化していけるよう応援していくプロジェクトです!

連絡先:山梨学院メディア戦略室CoPa
     e-mail:copa@ygu.ac.jp
     〒400-8575
         甲府市酒折2-4-5
     tel:055-224-1645
ブログ・テーマ
参加Girlsの様子を段階を追ってご紹介していきます。また参加したGirlsだけでなくブログを見に来てくれたGirlsにも役立つ情報も取り入れ、YGUの女子学生が卒業するときには自分に自信を持って社会に出られる洗練された女性「Jewels」になれるようにという願いを込めた内容を目指しています。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201711  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

トラックバック


Precious

2010.03.01 06:17 | ORI's News

昨日YBSラジオ「Precious」に出演させていただきました。
日曜のお昼にぴったりな音楽あり笑いありの楽しい番組でした。
http://ybs765.typepad.jp/precious/

パーソナリティは・・・

ベテラン深澤弘樹アナウンサー
キュートな中込真理子アナウンサー。

コーナーのテーマは・・・

「女磨き」

ウォーキングインストラクターとして、
そして本プロジェクトのコーディネーターとして
の立場から見る「女磨き」について
お2人と共に30分ほど話をさせていただきました。

まだまだ私も素敵な女性になりたいと願いもがいている途中。
そんな私が語るのもおこがましい話ですが

最近思う【自分磨きで結果を出す3か条】についてなどお話しました。

1.「いいお手本を探す」

ウォーキングも、今勉強している呼吸法やピラティスもいい先生との出会いがあったからこそやる気になれました。
技術はもちろんですが、それ以外の学びが貴重だと思います。
本プロジェクトでも講師選びを重要視しているのはそのためです。
限られた時間の中のレッスンであっても講師との出会いによっていい刺激を受け変わっていくことができるということを参加学生の皆さんを見ていても感じます。

2.「続ける」

女磨きというと一人でするものだと思う人もいるかもしれませんが
続けるためには応援してくれる人の存在も欠かせないと思います。
私自身家族や友人などの支えがあるからこそ続けることができています。
逆に、自分も他の人が続けられるように応援することも大切です。
自分だけが勝とうとしていては結局いい結果は出せないのではないでしょうか。


3.「素直でいる」

これは学生の皆さんから学んだことです。
プロジェクトに参加してくれた学生の中でも素直な子ほど伸びるということを実感しています。
また、ウォーキング指導をさせていただくとき、生徒さんは40代以上の方が多いのですが、大人になると今までの経験が邪魔をしてしまうこともあります。
お伝えしていることに対して素直に動けないという方を見ていると「もったいないな」と思うことがあります。


今日から3月。
新しい環境・生活に自信がもてないという人もいるかもしれません。
「女磨き」の原点は「自信のなさ」かなと思います。
今の自分に自信がもてないからこそがんばれるのではないでしょうか?
自分の可能性を自分で否定しないで積極的に「女磨き」してくださいね^^

写真撮り忘れました・・・すみません!

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array