TOP > 学生サービス > 国際交流センター > 2017年9月入学短期留学生半年レポート⑪

学生サービス

国際交流センター

プロフィール
山梨学院大学 国際交流センター
甲府市酒折2-4-5 キャンパスセンター3F
月曜日~金曜日 9:00~17:00
http://www.ygu.ac.jp/international/

RSSを表示する

カレンダー

« 201810  
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

コメント

トラックバック


2017年9月入学短期留学生半年レポート⑪

2018.04.23 15:42 | 日本滞在レポート | 投稿者:草野

みなさん、こんにちは。

本日も短期留学生のレポートを順次紹介します。

まずは、南昌大学の周さんのレポートです。

 

山梨学院大学に留学して

 ただ半年間だけの留学生活に実感があるほど成長していると思います。経済や異文化に関する授業を受けて、視野を広げていろいろ能力を身につけたと思います。

 

 まずは日本語の成長です。来たばかりのころ、日本語が少しでもうまくできなかったから、日本の方と話すことがすごく恐ろしかったです。しかし、日本の方は優しくて励ましてくれて、少しずつ話せるようになりました。授業にも、なるべく自発に話しかけるようにする、簡単なテーマなら代表として発表するようにしています。日本人の学生は親切に気遣ってくれて、耳を貸して理解してくれて感謝の気持ちいっぱいです。皆さんのおかげで、自信がついて、少しずつ能力がのびました。

 

 日本の方についてのイメージも変わりました。これは勉強よりもっとやりがたい成長だと思います。留学する前、「日本人はあまり自分から話しかけなくて、なるべく人に迷惑をかけないようにしています」とよく聞きました。中国人はよく些細なことで絡まって、人々をお互いに支え合うことを重視しています。ですから、なんとなく「日本人は冷たい」というイメージです。しかし、授業でそのイメージを変えました。先生の授業でよく日本人と交流できます。深く接して、「なんで日本人は冷たいイメージを与えるか」と自分なりに考えました。心優しいからこそ、冷たいと見えます。話しかけると相手に迷惑をかけるかもしれないから、なるべく頼まない、絡まないようにします。優しすぎるから、つい冷たいイメージです。しかし、実際に日本の方は優しくて親切な限りです。

 

 一番印象深い授業は日本の古語の授業です。その授業は難しいですが、逆にいろいろ成長できました。授業で手を上げて発言したことは一度もなかったです。日本の方の正しくペラペラ答える姿を見て、かっこよくて羨ましいと思って、励まされて、自分もいつか勇気を出して答えてみたいと決意しました。はじめて発言したとき、やはり間違えました。仮に先生に「いいえ、違う」というような否定な言葉と言われたら、二度と発言する勇気を失うに違いない。否定な評価の代わりに、正しい部分を認めて、物足りない部分を直していただいて、心温かったです。それから、発言を重ねて、やればやるほど自信がつくようになりました。日本に自信をついていくら難しい授業でもうまくできるということは本当にうれしいです。成長する実感があります。

 

 授業以外の生活といえば、PAJというサークルを参加して、メンバーと友達になりました。食事したり、生活や勉強の問題があったら手伝ってくれたりしていい思い出になりました。ベトナムからの同期留学生たちもすごくかわいくて優しいです。国際交流センターの先生方もいろいろ手伝っていただいてありがたいです。

 半年間いろいろ経験して成長しました。それからの半年間もやる気満々で頑張ります

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array