TOP > 学生サービス > 国際交流センター > 富士五湖モニターツアー2日目

学生サービス

国際交流センター

プロフィール
山梨学院大学 国際交流センター
甲府市酒折2-4-5 キャンパスセンター3F
月曜日~金曜日 9:00~17:00
http://www.ygu.ac.jp/international/

RSSを表示する

カレンダー

« 201708  
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バックナンバー

コメント

トラックバック


富士五湖モニターツアー2日目

2017.01.24 17:02 | 国際交流イベント | 投稿者:廣島

富士五湖モニターツアー2日目は勝山民宿「ニューハイツ」の

朝ごはんからスタートです。

民宿の朝ごはん、ついつい食べ過ぎてしまいますね。

 

 

本日最初の目的地は新倉山浅間公園(あらくらやま せんげんこうえん)です。

富士山を正面に構え、富士吉田市内を一望することが出来る公園です。

8年前にタイの旅行客が発信した情報がきっかけとなり、現在は海外からのお客様の人気スポットとなっています。

真っ赤な忠霊塔と青空に浮かぶ富士山のコントラストはやはり圧巻です。

桜や菖蒲の時期にも来てみたいです。

 

 

富士山は昔から信仰の対象でもありました。

世界遺産構成資産の御師旧外川家住宅は、その信仰者の宿坊であり、

当主は信仰者に対する祈祷を行う神主の役割も担いました。

築248年のこの住宅は富士山信仰を支えた現存する貴重な建物です。

 

 

お昼ごはんは鐘山苑の向かい、吉田のうどん「サファイ屋」さんにて。

富士吉田地区は富士山の噴火によって土地が豊かではなかったため、昔からお米の栽培が困難で、小麦の栽培が盛んでした。

そのため、粉食中心、特にうどん文化が栄えたと言われています。

太くてかたいうどんにお醤油と味噌のつゆ、茹でキャベツとお肉がのっているのが

一般的な吉田のうどんです。

留学生の多くは「すりだね」と呼ばれる唐辛子たっぷりの薬味を入れて、真っ赤ににして食べていました。

昨日のほうとうと本日の吉田うどん、ツアーに参加した留学生の好みは17対3でほうとうに軍配が上がりました。

 

 

お腹がいっぱいになった後は、忍野しのびの里で忍者に変身しました。

敵が潜むからくり屋敷に忍び込み、任務を遂行。

全員無事に帰還することが出来ました。

 

 

この2日間で1番の富士山だった、と留学生が絶賛したのが、

山中湖交流プラザきらら付近から臨む富士山でした。

湖畔の遊歩道一歩一歩進むごとに景色が移ろい、

とてもゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

留学生にとってこの2日間は忘れられない時間となり、

富士山に会いに戻ってきてくれることでしょう。

 

 

モニターツアー最後の目的地は道の駅富士吉田です。

お菓子やアイスクリーム、富士山ストラップに富士山ペーパーウェイトなどなど

学生たちは思い思いにお土産を買っていました。

特に中国やベトナムには無いというガチャガチャには興味津々でした。

 

様々な場所から富士山を眺め、たくさんの体験をして

留学生同士交流を深め、大満足の富士五湖モニターツアーとなりました。

 

 

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array