TOP > コミュニティ(学外開放サイト) > やまなしコミュニティビジネス推進協議会 > やまなしコミュニティビジネス推進協議会 幹事会

コミュニティ(学外開放サイト)

やまなしコミュニティビジネス推進協議会

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201711  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コメント

トラックバック


やまなしコミュニティビジネス推進協議会 幹事会

2012.03.12 10:36 | やまなしコミュニテイビジネス推進協議会の活動紹介

   ~やまなしコミュニティビジネス推進協議会 幹事会~

 

3月3日に幹事会が開催されました。

幹事会の前には「ビジネスプラン・コンテスト」が開催され、とても盛り上がりました。

発表者はNPO・ボランティアという感覚よりも、ソーシャルビジネス的要素を

明確に持っている方々で、また来場者は、ソーシャルビジネスに関心のある方々でしたので、

両者の共感があり、場がとても盛り上がりました。

曽根原会長曰く、

「本日が、山梨でのソーシャルビジネスの皮切りの日になったのではないでしょうか。

非常に良い出発点となりました。来年度、この分野がさらに発展をし動き始める予感がします。」

との事で、来年度、再来年度に向けてこのSB・CB分野が発展し動き始める仕掛けを議論しました。

 

 ≪来年度の新しい公共支援事業≫について

まず始めに、県の企画県民部 城野氏より、ボランティア協会の『人材バンク登録』

についてのお話がありました。

「県内には新しい公共支援事業で人材研修事業にかかわっている団体が、

CB協議会の他にもあるので、来年度は、互いに連携して事業を進めていただきたい。

例えば、ボランティア協会の「専門家等派遣による個別団体支援事業」

『人材バンク登録』にそれぞれ研修を受けた方々に登録してもらい、

専門家とセットで実際に支援の現場に行き研修をするなど、実践的支援能力を高めていく。

単に個々の団体の悩みごと解決ではなく、全県的なネットワークで活用し体系的、

連携的な支援をめざしていきたい。」

この話を受け、CB協議会は他の団体の事業と連携する為に、

互いの事業を紹介しあう場を兼ねて、4団体の合同会議を提案しました。

 

他の団体の事業を踏まえ、来年度のコミュニティビジネス推進協議会としての

≪新しい公共支援事業≫は「人材育成」「資金調達」に重点をおこうという話になりました。

 

「人材育成」については、スクールの受講生から取ったアンケート結果によると、

ステップアップの人材研修にニーズがあり、また、CB協議会はマネージメント的要素があることを

特徴としているので、マネージメントの視点でのステップアップ研修を行おうという話になりました。

 

また、「資金調達」は4月から新寄付税制が始まるので、特に重要です。

山梨のファンドレイザーを育成しつつ、新寄付税制および、

プランド・ギビング、寄付信託、私募債、等々勉強しながら仕組みを作っていきたいと思います。

  

        そして、市町村との関係を構築することも重要になります。

25年度のモデル事業をいくつかの市町村と組んでやってみるのも面白いので、     

24年度に市町村との関係を構築しておく事が大事ではという話にもなりました。     

 

来年度は、上記のようなことを、やまなしコニュニティビジネス推進協議会として

取り組んでいきたいと思います。

 

   

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array