TOP > 学生チャレンジ > ブランニューやまなし > でざほ物語・第8話-1-

学生チャレンジ

ブランニューやまなし

プロフィール
 このブログは経済産業省からの委託事業である「産学連携による社会人基礎力の育成・評価事業」に参加した学生・企業人・教員が運営するサイトです。
ブログ・テーマ
 やまなしの新ブランドの企画・販売・実践を手がける学生達が綴る、荒唐無稽な夢を実現するために、暗中模索からのを離脱を目指した”知と汗と涙”の奮闘記です。

メンバー専用ページはこちらから

RSSを表示する

カレンダー

« 201709  
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トラックバック


でざほ物語・第8話-1-

2008.03.21 22:50 | デザートほうとう☆TEAM HUB | 投稿者:ちの

最終章……かも!

報告と感謝の第8話を書き綴ります!
TEAM HUBのチノです(^^)/

第7話ですが、ずっと下書きのままだったのを忘れていました。
あれを書いたのは、2月28日。
そう、全国大会の前日です。

2月29日。
私たちTEAM HUBは、社会人基礎力フォーラム…全国大会に出場してきました。

その事に対して、まず書きたいと思います!
第8話は3本立てでお送りします(^_^)
長いですが、どうぞお付き合い下さい♪

1本目は、1月17日~2月29日の朝までの話です。

※チノの私情がかなり入っていますので、それを踏まえた上でお読み下さいm(_ _)m



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1月17日に校内最終プレゼンで1位になることが出来たHUB。
念願の「1位」になり、嬉しい気持ちがいっぱいでしたが
翌週からテスト期間だったので、すぐに勉強モードになりました。
(…真面目な学生ですので。笑)

そんな勉強漬けの毎日を送っている中、教授に呼ばれ…

「全国大会には、このチームが出場することになりました」と。



…全国。

学内で1位になったチームが全国に行く、という話は最初から決まっていたことだし
全国大会になんて簡単に出られるものでは無いので、すっごい事だと思います。

しかし…


正直、複雑でした。

本音をこんな所で書いていいのかは、わかりませんが
「出たくない」という気持ちが少しありました。

後期…とくにその後半は、チームの活動でいろいろと忙しかったために
遊びを断ったり、バイトに入れなかったりすることが多くなり
「めんどくさい」「行きたくない」と、友達に愚痴を言うことが結構ありました。
今考えると、すごく自分勝手でしたね。

そんな気持ちが校内の時点であったために、全国に行く事に対しても
「折角の春休みなのに、これじゃ遊べないじゃん」という、ものすごく自己中心的な想いを抱いていました。

ごめんなさい。


…と、私の気持ちは置いといて!(散々言っときながら…(^^;))


2月は、かなりの時間を社会人基礎力に費やしました。

18日以降は、20日以外、毎日HUBの活動がありました。

ちなみに「誕生日だけは入れないで下さい!」と言い張っていたのですが
本当は予定もなかったし(笑)、活動も苦じゃなくなっていたので
「やっぱりHUBと過ごす!」という選択をしました。
24日の作業が夜遅くまで続き…
「あ、あと10分ですよ!」と自ら言ったりして
誕生日の25日になった瞬間に、「おめでとう!」と言ってもらいました。
そうです。19歳はHUBで迎えたのです。

ちなみに、ちょうどパティシエさんの所に行く日だったので、ケーキをプレゼントしていただきまして…(*^_^*)
甲府の街中の公園で、柳町さんと樫山さんと3人、晴れ空の下無邪気にケーキを食べました♪
みなさん、本当にありがとうございました!
すっごく、楽しい誕生日でした。

…気づけばHUBの活動も大好きになっていました。

24日の様子でもわかるように、夜中までの作業は普通になっていました。

夜中に帰って、昼前には出掛ける。
そんな毎日でした。

助っ人として、携帯灰皿チームの赤池さんも加わり
最高の発表を目指して、頑張り続けました。

先生方も、企業の方もとても協力して下さり…
何度もプレゼンを聞いてくれて、その度にダメだしやアドバイスをしてくれました。


28日。本番前日。

最終リハーサルということで、Seedsシアターで練習をしている時、
メンバーそれぞれ、自分の中で葛藤がありました。
…あったと思います。

それはその人自身にしか本当のことはわからないと思うし、それぞれ内容は違うけど
いろんな物にぶつかり、戦っていました。

私は今まで練習してきた自分の発表に、疑問を持ちました。
…これで良いのかな?と。

校内の最終プレゼンは、自分自身が楽しみながらプレゼンすることが出来たのに
この発表は、全然楽しくない。

プレゼンに「楽しさ」を求めているのは間違っているかも知れません。
でも、自分自身の気持ちがこもっていないと、このプレゼンは出来ないと思ったのです。
しかし、今回は校内とは違うから…と自分に言い聞かせていました。

そんな気持ちに、某企業のUさんが気づいて声をかけて下さいました。
そして柳町さんも「やりたいようにやっていいよ。やった方がイイ」と言ってくれて…

はい!もやもや解消!
語尾も変え、どんどん新しい文を付け加え…
パワーポイントの操作をする赤池さんに迷惑をかけながらも、やりたいようにやっちゃいました。


パワーポイントも資料作りも、ほとんど先輩任せでした。

だからこそ、
発表は頑張りたかった。


その夜は、ご飯を食べに行った後
柳町さんの家で夜中まで読み合わせをし…

そして
2月29日。本番当日を迎えました。

かいじ(特急)の車内で最終確認をしながら、いざ!有楽町へ!

会場である「よみうりホール」に入り、ステージから座席を見渡した時



わくわくしました。

緊張より、ずっと大きなわくわく感。
なぜかはわからないけど、楽しくなりました。

他のチームの先輩方と合流し、
ブース設置(全然仕事しなくてすみません…)や、発表の説明を聞いた後
昼ご飯を食べ…

13時。フォーラムがスタートしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自分のこと、自分の気持ちばっかり書いてすみません!
今まで言えなかった事を書こう、と思ったら、止まらなくなりました(^^;)

次は本番です!


つづく♪

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array