TOP > 現代ビジネス学科 > 伊東洋晃研究室 > 冬季研修旅行 香港・マカオ

現代ビジネス学科

伊東洋晃研究室

プロフィール
山梨学院大学現代ビジネス学部伊東洋晃ゼミナール(マーケティング論、商品学、ビジネス・デザイン専攻)のブログ・サイトです。

※ 2008年度まで、本学部で、講義をお持ちいただいていた青木茂樹教授(現在 駒澤大学経営学部)の研究室ブログのアーカイブも置いてあります。
ブログ・テーマ
学生,OB・OG,指導教員...伊東ゼミの日々の活動や発見や感動を鮮度良くお伝えすべく、学生が主体的に運営しております。

RSSを表示する

カレンダー

« 201703  
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

冬季研修旅行 香港・マカオ

2016.02.26 01:10 | 第8期生 | 投稿者:石井(8期生)

こんにちは。
そして、初めまして。
伊東ゼミ8期生の石井です。

今日は、冬季研修旅行という名の冬旅行。
先生と中国からの留学生以外は初出国です。
7期生2名(男子2名)、8期生6名(女子3名 男子3名)、そして伊東先生(漢1名) 計9名で香港・マカオへ向けて出発です。

平成28年2月22日(月)~25日(木)3泊4日の旅
●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【1日目 香港】天気:くもり
出発は4時!
大学前から高速バスに乗り、成田空港へ。
移動だけで8時間程ありました…。(時差1時間含む)

本日のイベントはシンフォニー オブ ライツ !
ビルや街を飛び交う光のパレードを、100万ドルの夜景を眺めながら楽しみました。

夕飯は街を歩いていて、たまたま見つけた店をチョイス。
やっぱり現地の方が集まっているお店に行くのが旅行の醍醐味でしょう!
運ばれてきた香港料理を恐る恐る口にするゼミ生。
「辛いけど美味い!」とお酒がたくさん進みます。

お腹もいっぱいになり、フラフラと街を彷徨っていたら日付が超えてしまいました。
地下鉄でホテルへと戻り、明日に備えて就寝です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【2日目 香港】天気:くもり
集合は6時30分
ものすごく眠い顔のゼミ生と先生。
それでも全力を出して楽しむのが伊東ゼミです。
早朝の公園では名物の太極拳をやっている地元の方がいます。
私たちは公園の片隅でちょーーっとだけ太極拳を体験させてもらいました。

ひと運動の後は朝ご飯。
街に出て飲茶(ヤムチャ)をしました。
中国のお茶を飲みながら点心を食べることを飲茶(ヤムチャ)といいます。
蒸し器が乗っているカートが通路を巡回しており、食べたい点心を指さして注文するスタイルのお店でした。
テーブルに置かれた点心は種類が豊富…どれにしようか迷っている合間にどんどんゼミ生の胃袋へ消えていってしまいました。

午後はビクトリア・ピーク太平山)へ向かいました。
ピークトラム、というケーブルカーを利用して山頂まで行くのですが、なんと急勾配の最高斜度が27度!!
…ピンと来ませんね(笑)
では、一旦画面から目線を外して、顎を上げてみてください。
はい、その角度です。その角度が最高斜度27度…ぐらいです。
短時間の乗車でしたが、ガタガタいいながら登っていくトラムに乗りながら景色を楽しむことができました。

山頂についてみると…そこに広がるのは…
真っっっっ白な世界!!!
実は、お天気があまり良くなく、山頂は濃霧でした。
景色は楽しめませんでしたが、ピークタワーで買い物をしたりしました。

そういえば、ここでハプニング発生!
気が付いたら1人いないんです。
8期生の大村君が消えてしまっていました。
どこにもいない…ヤバい…って皆で慌てていたらフラァ~と後ろから大村君が登場。
何事もなかったかのように現れた大村君に一斉攻撃(笑)
その日から大村君の存在確認が行われるようになりました。

下山した後、文武廟という香港最古の寺院を訪れました。
文字通り、文学と武道の神様が祭られています。
大きなグルグルの線香が特徴の寺院です。
観光名所ということで観光客がいっぱいでした。

お昼ご飯は街にあるラーメン屋へ。
メニューが読めない私たちはフィーリングで注文。
見事にアタリとハズレに分かれました。
周囲のお客さんは美味しそうに食べていたのに、激辛ラーメンや匂いがキツいラーメンは口に合わず大変な思いをしたお昼。
まさに文化の違いを感じました。

食後は気持ちを切り替えてショッピングです。
大通りに広がる市場では、ブランド物っぽいものがたくさん並んでました。
「ニセモノ ジャ ナイヨ。ホラ、サワッテ!サワッテ!アリガト、カワイイ。」
流暢な日本語が逆に怖かった。
その他、街のバーでお酒を嗜むチームと周辺散策チームに分かれて行動。
周辺散策では「園圃街雀鳥花園」という鳥の公園やその周りを楽しみました。

夜ご飯は海鮮料理のお店へ行きました。
1日歩き回って疲れ切ったゼミ生。
会話も少なめでしたが、クルクル回るテーブルで食事を楽しみました。
もちろんお酒も。

23時頃、地下鉄でホテルへ戻ってきました。
その後、女子は夜食を買いにスーパーへ、男子は近くの飲み屋へ繰り出して行きました。
夜遅くになっても活発な伊東ゼミ生。
次の日が怖い…。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【3日目 マカオ】天気:くもり
集合は5時30分
まだ街は真っ暗でした。
始発のバスに乗って本日はギャンブルの街マカオへ向かいます!
その、バスの中でこの旅行で一番のハプニング発生!!!
8期生の池谷さんの携帯をスラれてしまったのです。
言葉の通じない国で大変なことが起こってしまいました。
しかし、ここは留学生が大活躍!バス会社に問い合わせをしてくれてなんとか解決へと導いてくれました。
ありがとう!!

バタバタした朝でしたが、やっと落ち着いてマカオへ出発です。
海を渡っていくのでフェリーに乗りました。
所要時間2時間。長いようでしたが全員寝ていたのであっという間でした。
マカオは特別経済区域のため入国審査があります。
伊東ゼミ生、無事に入国許可がおりました。良かった…。

マカオへ入国後、お昼ご飯を食べに行くためにタクシーで移動です。
3台に分かれて向かいましたが1台が待ち合わせの場所に来ません。
女子2名を乗せたタクシーが別の場所で停車したらしく、迷子になっていました。
またまたハプニング発生です。
なんとか人に道を尋ねて遅れて合流です。

因みに、海外では携帯が使えないので、別行動をしてしまうと連絡手段が一切ありません。
そんな中でも何とかして現状打破を試みる伊東ゼミ魂の凄さを目の当たりにしました。

さて、全員集合してお昼ご飯ですが、市場が広がった場所なので食べ歩きをしました。
ちょっとしたお店に入ってお粥を食べたり、揚げパンを食べたり…各々気になるものを買って楽しみました。

食後に向かった先は、聖ポール天主堂跡です。
世界遺産でもあるこの教会は火事に遭ってしまって(1835年)今は前壁と68段の階段のみとなっています。
しかし、その大きさと彫刻の素晴らしさに見惚れました。
ここで集合写真を撮り、次に向かうは待ちに待ったカジノです!!

ヴェネチアン・マカオというところへ行きました。
ここは複合リゾートホテルとなっており、その中に世界最大のカジノがあります。
内装はきんぴかぴん!とってもゴージャスです。
さすが世界最大!!

カジノでは7期生の鈴木さんがチャレンジしました。
最初は順調でしたが時間が経つにつれて段々と手持ちが少なくなっていきました。
世の中そんな甘くないってことですね。
ゲームの終わりに近くなって鈴木さんは先輩命令を発動。
8期生の王くんの運を使って最後の賭けに入りました。
すると…あれまあれまという間にどんどんお金が手元に返ってくるではありませんか!
まさかの大復活を果たし、お財布が暖かくなった鈴木さんはご満悦。
それを見ていたゼミ生は鈴木さんのキメる時にはしっかりキメる凄さを改めて認識しました。

マカオを十分に堪能したゼミ一行は行きと同じくフェリーで香港へと渡りました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【4日目 香港】天気:くもり

最終日は帰国のための移動のみでした。
旅行中にしてはちょっと遅めの7:30集合。
40分程で香港国際空港へ着きました。
日本の成田空港までのフライトは約5時間(時差1時間含む)
ご飯は空港や機内食でした。
飛行機にも慣れ、帰りは各々、映画を見たり音楽を聴いたり、そして寝たり…。
21時30分頃、大学に着きました。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○

何度も発生したハプニングを乗り越え、楽しみまくった4日間。

この旅行の目的である『何事にも全力で楽しむ!』を達成することができました。
これは、伊東ゼミ生が何代にも渡って継いできた意志です。
私たちは、これからもこの意志を持ち続け、ゼミ活動に全力で取り組んでいこうと思います。

お疲れ様でした!!

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array