TOP > 法学科 > 上條 醇 > 「葡萄栽培とワイン醸造」(平成24年度)

「葡萄栽培とワイン醸造」(平成24年度)

2012.05.28 10:51 | カテゴリなし | 投稿者:上條 醇

5月26日に「葡萄栽培とワイン醸造」の第1回目の実習が行われました。今年は、19名の学生が5軒の農園に分かれて実習に臨みました。

 ○サドヤ農場:5名が参加、午前7時50分から大房葡萄の房作りに挑戦。写真参照して。

 ○三森農園:3名が参加、午前8時20分からデラウェアのジベレリン処理を行う。

 ○久保田園:3名が参加、午前9時から大房葡萄の房作りを行う。

 ○フルーツハウス矢野:3名が参加、午前8時から大房葡萄の房作りを行う。

 ○松木農園:5名が参加、午前8時30分から大房葡萄のジベレリン処理を行う。


 農園は、勝沼が2軒、甲府が2軒、笛吹市が1軒なので、場所によって作業が異なる。温室のある農園では、もう出荷が始まっている。標高に違いによって、温度差があり、それぞれ葡萄の生育が異なるのである。
 今年は、例年より始まる時間が早くなったが、学生達は皆遅れずに農園にやってきた。とてもいい傾向である。来月もきっちり仕事をしてもらいたい。

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ

ブログ一覧ページへ

学科
法学科
政治行政学科
現代ビジネス学科
経営情報学科
管理栄養学科
キャンパス
カレッジスポーツ
学生チャレンジ
ランゲージオフィス(Language Office)
学生サービス
学園情報
山梨学院中学校・高等学校
山梨学院小学校
山梨学院幼稚園
コミュニティ
コミュニティ(学外開放サイト)

モバイル版

お使いの携帯電話からも覧いただけます。

http://blog.ygu.ac.jp/m/

Yamanashi Gakuin

Copyright(c) Yamanashi Gakuin University. All Rights Reserved.

Array